【2022年版】中古マンションのおしゃれなリノベーション22選

2022.08.17リノベーション

「中古マンションを使ったおしゃれなリノベーション事例が見たい」
「自分もおしゃれな空間に住みたい」

中古マンションのリノベーションをするのであれば、おしゃれな空間に仕上げたいですよね。

この記事では、中古マンションのおしゃれなリノベーション事例を22件ご紹介します。

リノベーションのイメージを作って、理想的な空間を作り上げましょう。

 

目次
  1. 中古マンションのおしゃれなリノベーション22選
  2. 中古マンション選びで失敗しないコツ
  3. おわりに

中古マンションのおしゃれなリノベーション22選

弊社(スクールバス)が手掛けた中古マンションのリノベーションの中で、最新の事例を22個紹介します。

定番なテイストから流行のテイスト、個性的なテイストまで揃っておりますので、参考にしてください。

 

1.バランスのとれたシンプル×ヴィンテージの融合空間

バランスのとれたシンプル×ヴィンテージの融合空間

全体を2LDKに、2人のお子さんのお部屋は続き間取りで各プライベートの部屋を最小限のスペースに抑えて
ゆるくプライベート空間を確保し、リビングに家族の集うようプランニング。
素材では一部躯体を現しに、フローリング材にはヴィンテージ加工の施されたものを採用。
見た目がきれいに整いすぎないよう、バランスよく仕上げました。

詳細記事:https://www.school-bus.jp/gallery/96

 

2.スペースの意味合いを意識した優しく気品漂うシンプルな空間

スペースの意味合いを意識した優しく気品漂うシンプルな空間

仕事のスタイルとしてご自宅で作業をされることの多いお客様のご希望は空間の一角に集中できるスペースをつくること。
玄関床や建具、設備など綺麗な部分は残して使えるところは使いつつ、限りのある空間の中でLDK、寝室、仕事室をどのように割り振っていくか、各スペースの意味をしっかり考えながらプランニング。
バルコニーからの抜け感ある景色も活かしつつ、シンプルで大人の気品漂うリノベーションが誕生しました。

詳細記事:https://www.school-bus.jp/gallery/92

 

3.ブルーと真鍮の組み合わせが美しい家

ブルーと真鍮の組み合わせが美しい家

空間のポイントは斜めになっている壁とリビングの一角に造った寝室を兼ねた小上がりスペース。
小上がりと同じ高さで仕上げた造作のテレビ台が空間に広がりを持たせてくれます。
ブルーカラーをテーマに真鍮を合わせた上品な雰囲気漂うリノベーション空間が誕生しました。

詳細記事:https://www.school-bus.jp/gallery/95

 

4.ヘリンボーンの土間が空間をつなぐ、素材を大切にした家

ヘリンボーンの土間が空間をつなぐ、素材を大切にした家

玄関を挟んで左手にLDK、右手に生活感の出やすいWICやプライベートルーム、と左右にスペース分けを行いながら間取りを組み立てていきました。
キッチンまわりでは壁付けタイプのものをL字型に変更、背面にはパントリーを設けて収納力と家事の作業力をアップ。
隣接していた和室をつぶしてリビングに取り込み開放的な空間に一新しました。

詳細記事:https://www.school-bus.jp/gallery/93

 

5.框デザインのアイランドキッチンと素材感の楽しいヴィンテージリノベーション

框デザインのアイランドキッチンと素材感の楽しいヴィンテージリノベーション

モスグリーンのカラーに框入りの腰壁デザインにステンレスの天板を合わせて
背面の壁は艶のあるグレータイルと塗装の木板をあしらいました。
キッチンの框デザインにならってリビング扉を始めとした建具類は全て造作の框入りのタイプをセレクト。
黒塗装に真鍮の取っ手が空間を引き締めてくれます。

詳細記事:https://www.school-bus.jp/gallery/94

 

6.趣味で暮らしに華やかさを。天井高を活かした最上階リノベーション

趣味で暮らしに華やかさを。天井高を活かした最上階リノベーション

完成したリノベーションは、4.5mの高さがある勾配天井を生かした広く開放的な空間。
趣味でDJをされるとのことで、リビングに隣接する形でDJブースを設置。
キッチンは壁付けに、設備本体やレンジフードをステンレス素材のもので統一して仕上げR開口の奥にはパントリースペース。
モルタルに見立てたフロアタイル仕上げがとてもかっこいいスペースになっています。

詳細記事:https://www.school-bus.jp/gallery/91

 

7.ヴィンテージデザインにこだわりながら家族みんなが暮らしやすく

ヴィンテージデザインにこだわりながら家族みんなが暮らしやすく

購入に選んだ物件は4LDKのマンション、部屋の数や収納スペースの大きさなど暮らしにくい部分を見直して大きく間取りを変えていく必要がありました。
ご夫婦は共働きのため、まずは家事動線を意識して改善していくことに。
LDK部分では壁付けだったキッチンを対面に変更しパントリーを設けて調理しやすい環境へ。
キッチンの腰壁は濃淡のついたヴィンテージ感のある木を採用し、ホワイトのタイルと合わせてラフな印象に仕上げました。

詳細記事:https://www.school-bus.jp/gallery/90

 

8.ニューヨークに佇むヴィンテージマンション

ニューヨークヴィンテージマンションリノベーション

「ニューヨークにあるヴィンテージマンション」がテーマ、アメリカらしい空間を創るためにまずプランしたのはLDK部分でした。
メゾネットマンションならではの吹き抜け上まであった大きな窓をリビングに取り込み、タイル張りのキッチンやモールを施した天井までの創作本棚のある書斎などをデザインとして一体化仕上げに。
キッチンダイニングは使い勝手を意識したコの字型タイプのものを採用しダイニングも兼ねたアメリカンなスタイルを重視してプラン設計。

詳細記事:https://www.school-bus.jp/gallery/88

 

9.フレンチクラシカルなモールディングのある家

フレンチクラシカルなモールディングのある家

キッチンをメインに全体のイメージを統一しつつリノベーションのプランニングをしていきました。
キッチンの設備はコンロと水栓の分かれている”Ⅱ型”タイプのものを採用、背面に据えたミーレのビルトインオーブンが見た目にインパクトを与え機能面でもより使いやすい空間に。

詳細記事:https://www.school-bus.jp/gallery/89

 

10.間取りの可変性を活かした北欧空間

間取りの可変性を活かした北欧空間

入口動線も意識し空間わけをするとともに、生徒さんが来られた時に手洗いが出来るよう玄関に手洗いを設置、さらに荷物置いたりできるようエントランスを開放的な空間へ。
プライベート空間では帰ってからWICから洗面、キッチンパントリーへスムーズにいくことのできる流れるような動線を意識。
様子を見守ることのできるようお子様のスペースやご主人様の書斎をリビングと一体化。

詳細記事:https://www.school-bus.jp/gallery/87

 

11.既存との調和を意識した100㎡超メゾネットマンションリノベーション

既存との調和を意識した100㎡超メゾネットマンションリノベーション

リノベーションテーマは「セカンドリビングのある暮らし」
予算内に収めるため大きく間取りは変えず、設備も既存を使うことに。
リノベーションの詳細を決めていく中でこだわったのはロフトの室内窓とリビングの造作建具。
ロフトの室内窓はどうしてもアイアン素材で仕上げたい・・・
ご希望を叶えるためガラスを入れずオープンに仕上げてデザイン性を保ちつつコストカットを実現。

詳細記事:https://www.school-bus.jp/gallery/86

 

12.さりげない素材使いでオリジナル感あふれるリノベーションに

さりげない素材使いでオリジナル感あふれるリノベーションに

ご夫婦ともにアパレルや家具を取り扱うお勤めをされており、その家具の色味に合わせて明るくナチュラルな雰囲気を求めて空間づくりを進めていくことに。
天井はダウンライトの照明にクロスで仕上げ、床は幅の広いタイプのものを使用しオスモのクリアカラーで塗装したものを貼付。
特徴的なリビングのL字型部分はヘリンボーンのように角がうまく組み合わさるようにデザインをしたところもこだわりポイント。

詳細記事:https://www.school-bus.jp/gallery/85

 

13.カフェを参考に創り上げたラフインダストリアルリノベーション

カフェを参考に創り上げたラフインダストリアルリノベーション

リノベーションを前提に購入された中古マンションはごく一般的な間取りの2LDK。
デザインではスクールバスコーヒーストップのカフェを参考にされ、モルタルキッチンのカウンター、コンクリート打ちっぱなしの天井など無骨な印象の空間に。
レンガの貼付された壁の奥には寝室と隣接するウォークスルーのクローゼット、取り付けた框入りデザインの扉がかっこよい仕上がりになりました。

詳細記事:https://www.school-bus.jp/gallery/84

 

14.ブリティッシュさ漂う大人の隠れ家リノベーション

ブリティッシュさ漂う大人の隠れ家リノベーション

スケルトンリノベーションが希望され、既存のものよりさらに暮らしやすい動線と間取りを求めて一から作り上げていくことに。
限りある広さの中、気になったのは廊下部分。
出来る限り空間を広く魅せるため廊下だった部分をなくし玄関土間に取り込みリビングダイニングまでダイレクトにアクセスできるようプランニングを行いました。

詳細記事:https://www.school-bus.jp/gallery/81

 

15.デザインと暮らしやすさ

デザインと暮らしやすさ

リノベーションプランでのこだわりポイントは3つ。
まずは、在宅でのお仕事をお持ちだったこともありリビングにワークスペースを造ったこと。
リビングの一角に天井まで延びた室内窓を設け、緩く間仕切って空間に程よくこもれるように仕上げました。
次にフローリングの張り方に変化球を投じたこと。
従来のヘリンボーンの張り方で床材を3枚ずつに組んでいきヘリンボーンながらパーケット柄にも思えるよう工夫をしました。
最後に、収納の配置を考えたこと。
WICを廊下と各部屋の間に設置、普段の暮らしの動線上に収納ができることで収納量だけでなく使い勝手も追及しました。

詳細記事:https://www.school-bus.jp/gallery/83

 

16.アートギャラリーを思わせる洋の空気感と和の融合

アートギャラリーを思わせる洋の空気感と和の融合

モルタルや躯体現しの壁にステンレスキッチンで素材感を楽しみながら、畳が似合うシンプルモダンな洋の雰囲気の空間に。
リビングに面した寝室との間仕切りにしつらえたのは大きなガラス入りの室内窓。
この室内窓と建具は少し艶のある仕上げとし、アンティーク家具の塗装に近づけました。

詳細記事:https://www.school-bus.jp/gallery/80

 

17.ホワイトグレーのウールカーペットを敷き詰めて

ホワイトグレーのウールカーペットを敷き詰めて

間取りの理想はできる限りLDKを開放的にとること、廊下や和室をひとつの空間に取り込み、建具も極力減らすことで開放的なリビングになるようプランニングしていきました。
また、キッチンを元ある場所から中心に移動させ、キッチンの裏側には洗面とバスの水廻りを、玄関近くにウォークインクローゼットを配置。
家族の収納を一箇所にまとめて玄関周りにプランすることで身支度の便利さも追及しました。

詳細記事:https://www.school-bus.jp/gallery/78

 

18.素材と動線にこだわった変化に負けないリノベーション

素材と動線にこだわった変化に負けないリノベーション

間取りではその「開放感」「広々感」を意識し、玄関からリビングまでひとつながりで回遊できるようスクールバスが提案。
リビングの扉を取り付けないことで動線をさらにスムーズに。
洗面スペースではベージュのカラーモルタルで仕上げ、廊下の床には肌馴染みの良いサイザル麻をセレクトしました。

詳細記事:https://www.school-bus.jp/gallery/79

 

19.コンパクトな生活動線に暮らす

コンパクトな生活動線に暮らす

上品なイメージを与えるネイビーを天井や壁、タイルなどに使用し、赤みがかったブラウンカラーはキッチンや廊下など壁部分の腰壁に。
リブ入りのデザインに艶ありの塗装をセレクトして深みを持たせました。
また、カウンターテーブルで食事をとるようにすることで限られたスペースを最大限に有効活用。

詳細記事:https://www.school-bus.jp/gallery/76

 

20.統一された黒の世界にヒカる遊び心

統一された黒の世界にヒカる遊び心

リノベーションにあたってピンときたワードは「インダストリアル」「アメリカンビンテージ」
好みの雰囲気の事例を手掛ける会社をいくつか探し、プランの提案力や担当者との相性をみてスクールバスを選んで頂けることに。
こだわったのはリビングを広々と取る1LDKの間取りと黒色。
お子さんのお部屋はあまりきっちり設けず、開閉できる引き戸をリビングの一角に設けました。

詳細記事:https://www.school-bus.jp/gallery/75

 

21.工夫で生まれ変わる築50年の中古マンション

工夫で生まれ変わる築50年の中古マンション

リノベーションでは開放感がテーマ。
玄関ホールとキッチンスペースの間に設けたアール型のデザイン性のある大きなガラス窓入りの建具や無垢・タイルなどを明るい色味でまとめあげ造作の建具や間仕切りを工夫することで空間全体が緩くつながる華やかな印象に。
お気に入りの外の風景を眺めながら居心地よく暮らすことのできるリノベーション空間へと生まれ変わりました。

詳細記事:https://www.school-bus.jp/gallery/73

 

22.スニーカーの見えるワークスペースと暮らしのバランスを叶えるメゾネットの住まい

スニーカーの見えるワークスペースと暮らしのバランスを叶えるメゾネットの住まい

購入したのはメゾネットタイプの中古マンション。
3面窓から光の差し込む明るい空間はマンションの最上階でした。
1階は土間床にお気に入りのスニーカー、フィギュアやアート作品の飾れる木製の棚受けが可愛い棚を造作、スニーカーは横向きに飾れるようこだわりました。

詳細記事:https://www.school-bus.jp/gallery/71

 

中古マンション選びで失敗しないコツ

おしゃれなリノベーションを実現するためには、中古マンション選びが重要です。

元となる物件によって、希望するリノベーションを実現できるかどうかが決まります。

リノベーション用に中古マンションを購入する際に注意したい項目は7個あります。

・耐震性
・築年数
・適正価格
・共用部の管理状態
・構造と配管経路
・セキュリティ
・事故物件

中古マンションの選び方に関しては、「リノベーション用の中古マンション選びで注意したい7項目とは?」に詳しくまとめましたのでご覧ください。

 

おわりに

中古マンションのおしゃれなリノベーション事例を紹介しました。

中古マンションのリノベーションは、自分のアイデア次第で自由な空間を作り出すことができます。

お気に入りのデザインがあれば、そのまま参考にすることも可能です。

今回紹介した事例でお気に入りのデザインを見つけて、おしゃれな空間を作り上げましょう。

無料相談・資料請求はこちら

The following two tabs change content below.
SCHOOL BUS
作り手の想いがしっかりと伝わる豊富なリノベーション実績をもつSCHOOL BUSが、リノベーションに関する基本知識やデザイン、インテリア、施工事例などを発信します。