浴室をリノベーションするメリットや注意点をご紹介

2023.10.05リノベーション

 

1日の疲れを癒やしたり、朝一番に入ってリフレッシュしたりといったことができる浴室は、家の中でもとくに美しく清潔にしておきたい場所です。

本記事では、浴室をリノベーションするメリットや注意点についてご紹介していきます。

 

浴室をリノベーションするメリット

浴室をリノベーションするメリットをいくつかご紹介します。

 

光熱費の節約ができる

浴室リノベーションを行うことで省エネとなり、ランニングコストをグッと節約できるという点は大きなメリットだと言えるでしょう。

省エネ効果の高いシャワーヘッドなどの設備を変えることで、より節約効果を得ることができます。

また断熱効果に優れた浴槽を導入することで、お湯を溜めた際にも冷めにくくなり、追い焚き回数を減らすことにもつながります。

 

断熱性を高められる

設備を最新のものに変えることで、断熱性を高められるというメリットもあります。

ユニットバスは断熱性の高い素材を使用しているところが多いため、冬場に起きがちな「ヒートショック」を防止することもできるでしょう。

 

日々のお手入れが楽になることも!

掃除の行いやすい素材で作られていると、カビ·そのほかの汚れが付きにくく、日々のお手入れが格段に楽になります。

浴室乾燥機もあわせて施工することで水気を乾かすことができ、カビが発生しにくい浴室環境にすることができます。

防水加工が施されている浴槽などお手入れが行いやすい素材もあるため、お手入れが負担に感じるという場合はこのような素材が使われた製品も検討されてみてくださいね。

 

新築のように生まれ変わる

浴室全体のリノベーションを行う場合、浴室内が一新し、新築のように生まれ変わります。

全体的にリノベーションを行うことで、汚れが落とせなくなってしまった部分も新しくすることができるため、ピカピカの浴室にすることができます。

 

浴室リノベーションの注意点について

浴室リノベーションの注意点についてご紹介します。

 

リノベーション後に浴室が小さくなる可能性も

ユニットバスへのリノベーションを行う場合、元の浴室の大きさよりも小さくなってしまう可能性があるため注意しましょう。

ユニットバスのサイズはある程度決められており、設置に必要となる寸法·内寸があります。

ユニットバスを従来の浴室の内側にはめ込むという形になるので、これまでよりサイズ感が小さくなってしまうのです。

 

給排水管の位置にも注意

浴室の場所を変更する場合、給排水管の位置にも注意しましょう。

元々浴室があり給排水管を使用できるという場合は問題ありませんが、新しい場所に給排水管を設置するとなると工事が大掛かりなものになります。

賃貸マンションの中には、水まわりの間取りが固定されているため、浴室の場所を変更できないというケースも。

 

追い焚き機能は専用の配管が必要となる

浴室リノベーションで追い焚き機能を追加するという場合、専用の配管が必要となる点に注意が必要です。

浴室の壁に穴を開けて配管を新しく作るので、賃貸マンションなどで穴を開けられないという場合は追い焚き機能が導入できないという場合もあります。

 

おわりに

本記事では、浴室をリノベーションするメリットや注意点についてご紹介しました。

シャワーの調節弁や給湯器などの設備機器の寿命は約10年、湯船やタイルの隙間の防水機能の耐用年数は約20年と言われています。

シャワーの口からポタポタと水が垂れたり、湯船周りからミシミシと音が鳴ったりする場合、老朽化が進行している可能性が高いと言えます。

このような現象が起きている場合、浴室の広さやタイプ、浴室リノベーションの注意点などを確認した上で浴室リノベーションを検討してみてください。

 

無料相談・資料請求はこちら

The following two tabs change content below.
SCHOOL BUS
作り手の想いがしっかりと伝わる豊富なリノベーション実績をもつSCHOOL BUSが、リノベーションに関する基本知識やデザイン、インテリア、施工事例などを発信します。