浴室暖房は必要か?設置する理由を徹底解説!

2022.09.24暮らし

浴室暖房は必要か?設置する理由を徹底解説!

「浴室暖房にはどのようなメリットやデメリットがあるのかな」
「結局、浴室暖房ってつけた方がいいのかな」
このようにお悩みの方も多くいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、浴室暖房のメリットとデメリットについてご紹介します。
浴室暖房の種類や機能についても併せて解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

浴室暖房のメリットとデメリットについて

浴室暖房をつけるか悩まれていらっしゃる方も多いでしょう。
そこで、ここでは浴室暖房のメリットとデメリットについてご紹介します。

 

浴室暖房のメリット

まずはメリットです。

 

冬場の入浴が快適

1つ目は、冬場の入浴が快適になることです。
寒い季節の入浴でも、浴室暖房があるだけで快適になります。
冬の寒い時期に小さなお子様がお風呂に入ることを嫌がることも少なくなるでしょう。

 

ヒートショックの防止

2つ目は、ヒートショックの防止に繋がることです。
ヒートショックとは、激しい温度の変化によって、血圧が急激に上がったり下がったりする現象のことを指します。

冬の寒い時期においては、暖房を使用した部屋とお風呂場では、10度以上の気温差があることもあり、ヒートショックが起こりやすいのです。
死亡例も多数あり、命を脅かしてしまうことがあるので要注意です。
浴室暖房を設置することで、このようなヒートショックのリスクを軽減できます。
特に高齢の方がいらっしゃる場合に大いに役立つでしょう。

 

カビ対策

3つ目は、カビ対策ができることです。
浴室暖房がない場合は、湿度を上げるために壁や床にシャワーを当てるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
寒さは和らぎますが、これではカビの発生を助長することになってしまいます。
浴室暖房があればシャワーを当てなくて済みますので、カビを防止できるでしょう。

 

浴室暖房のデメリット

次に、デメリットです。

 

電気代

1つ目は、電気代がかかることです。
浴室暖房を使うとどうしても電気代が上がってしまいます。
特に、衣類乾燥機能を使う頻度が高い場合は電気代が上がる可能性もあります。

 

工事が必要

2つ目は、設置するための工事が必要になることです。
浴室暖房には、置くだけで使用できるものもありますが、設置するには工事が必要となりますので工事の費用がかかります。
加えて、電気工事にかかる費用も必要となります。

 

温度調整

3つ目は、使い方によってはのぼせてしまうことです。
入浴中に暑いと感じる場合は、温度調整をすることが大切です。

 

浴室暖房は必要?

ここまでは、浴室暖房のメリットとデメリットについてご紹介しましたが、浴室暖房は必要なのでしょうか。
結論から申しますと、つけるべきです。

 

最大の理由

最大の理由は、ヒートショック対策ができるからです。
前章のメリットでも触れましたが、ヒートショックにより命を脅かしてしまうこともあります。
そのため、脱衣所や浴室を暖めて、ヒートショック対策をすることが非常に重要となります。
大切な人の命を守るためにも、積極的に取り入れましょう。

なお、浴室暖房は、後付けも可能です。
基本的には、浴室の工法に関わらず工事可能ですし、既存の換気扇と交換することも可能です。

浴室暖房は、暖房機能以外にも、乾燥機能や涼風機能等が備わっているものもあります。
中にはあまり使用しないという機能もありますので、本当に使用する機能かどうかを吟味する必要があります。
具体的には、乾燥機能、涼風機能、打たせ湯機能、ミスト機能、プラズマクラスター等の機能が挙げられます。

 

電気式とガス温水式

また、浴室暖房には、電気式とガス温水式の2種類に分けられます。
電気で暖めるタイプは比較的簡単に設置できますので、初期費用を抑えられます。

ランニングコストを重視するのであれば、ガス温水式が良いでしょう。
外側に設置した熱源機で作られたお湯を循環させ、熱を放出する仕組みになっています。
このタイプであれば、床暖房やお風呂の追い焚き、給湯等を兼ねることが可能となるので、まとめて検討できるでしょう。

 

壁掛けタイプと天井埋め込みタイプ

さらに、浴室暖房機は、壁掛けタイプと天井埋め込みタイプの2つに分けられます。

壁掛けタイプは、既存の換気口を利用して設置します。
大掛かりな工事はあまり必要ありませんので、後付けする際やリフォームする際に適していると言えるでしょう。

天井埋め込みタイプは、その名の通り天井に埋め込むので空間がすっきりします。
既存の換気扇がある場合はそこに取り付けられます。
ただし、既存の換気扇の開口部と設置予定の浴室暖房の開口部が合わないと取り付けられません。
サイズが異なってしまう場合は、開口部を広げたり狭めたりする工事が必要になるでしょう。

 

おわりに

今回の記事では、浴室暖房のメリットとデメリットについてご紹介しました。
浴室暖房に関して理解を深められましたか。
命にも悪影響を及ぼしてしまうヒートショックを防ぐためにも、浴室暖房を検討しましょう。
この記事でご紹介したことを参考に、ご自身に適した浴室暖房を検討してみてはいかがでしょうか。

無料相談・資料請求はこちら

The following two tabs change content below.
SCHOOL BUS
作り手の想いがしっかりと伝わる豊富なリノベーション実績をもつSCHOOL BUSが、リノベーションに関する基本知識やデザイン、インテリア、施工事例などを発信します。