ブルーと真鍮の組み合わせが美しい家

大阪府吹田市にて中古マンションを買ってリノベーション。

購入したのは洋室2部屋、和室1部屋、LDKひとつの3DKのマンションでした。

リノベーションの希望は広々とした開放感のあるリビング。
ルンバを使われたいとのことで、床の仕上がりにはこだわりをお持ちでした。
また、青色がお好きなS様、ご来店時のイメージ相談でもブルーカラーの事例写真が目立ち、
ブルーと木をテーマにしたお家造りがスタート。

空間のポイントは斜めになっている壁とリビングの一角に造った寝室を兼ねた小上がりスペース。
小上がりと同じ高さで仕上げた造作のテレビ台が空間に広がりを持たせてくれます。

この小上がり部分、下部は収納になっており、
物が多くごちゃごちゃっとしてしまうことがお悩みのS様の救世主に!!
手前にはよく使うもの、奥には季節ものなどと仕舞うものをわけてより使いやすく。

キッチンは元々独立していましたが、リノベーション後はオープンのアイランド仕上げにして
手元を隠すために立ち上がりをつくり、中にはブルーのタイルを貼付。
表立って見えない部分にも好きな色を詰め込んでいきました。

また、様々なサンプルをみて決めたキッチン腰壁の鉄板と無垢材のオーク床。
ヴィンテージさを感じさせる腰壁や床材の落ち着いた色味に、真鍮素材の入った照明を合わせて上品さをプラス。

その他、リノベーションのポイントとなったのはマンションの躯体で取り除くことが難しかったリノベーション前のバス(UB)と洋室の間の壁。
改装後は、サニタリーとWICにスペースを分けて取り壊せない壁を最大限に活かした無駄のないユーティリティスペースが実現。

ブルーカラーをテーマに真鍮を合わせた上品な雰囲気漂うリノベーション空間が誕生しました。

DETAIL

リノベーション価格 1,170万円
施工面積 67㎡
築年数 25 年
工期 2.5ヶ月
所在地 大阪府吹田市
家族構成 ご夫婦
間取り 1LDK+WIC
物件種別 中古マンションリノベーション

STAFF

Coordinater Takahiro Minami
Designer Rie Yoshida

▼ SHARE

pinterestシェア facebookシェア はてぶシェア
OTHER GALLERY

こちらの事例もおすすめ