ホワイトグレーのウールカーペットを敷き詰めて

滋賀県にて中古マンションを買ってリノベーション。
立地の決め手は夫婦それぞれの実家からの近さだった。

3LDKの間取りはごく一般的なものでしたが
新たに住まう家ということもあり理想の空間へフルリノベーションをされることに。

間取りの理想はできる限りLDKを開放的にとること、
廊下や和室をひとつの空間に取り込み、建具も極力減らすことで開放的なリビングになるようプランニングしていきました。

また、キッチンを元ある場所から中心に移動させ
キッチンの裏側には洗面とバスの水廻りを、玄関近くにウォークインクローゼットを配置。
家族の収納を一箇所にまとめて玄関周りにプランすることで身支度の便利さも追及しました。

床や壁天井含め白を基調とした内装の中で他の事例にあまりないセレクト素材は床材。
水廻り以外の床全てに肌触りがよく、お手入れもしやすいウールカーペットを。

ホワイトグレーのウールカーペットを敷き詰めて空間カラーの割合に比重を置くことで
ホテルライクな印象をもたらし、インテリアで遊べる自由度の高い仕上がりに。

モダンなウォールアートの似合うリノベーションが実現しました。

BEFORE

AFTER

DETAIL

リノベーション価格 930万円
施工面積 73.05㎡
築年数 32 年
工期 2.5ヶ月
所在地 滋賀県
家族構成 ご夫婦・お子さま1人
間取り 2LDK
物件種別 中古マンションリノベーション

STAFF

Planner Kazuto Yoshioka
Designer Wakana Miyanoshita
OTHER GALLERY

こちらの事例もおすすめ