新旧の調和感じる築90年の長屋リノベーション

新たにひとり住まうことを決意した家は
京都市内にある築90年の7Kの間取りを有する長屋でした。

スクールバスをパートナーに選び
Y様のライフスタイルに合った住まいにリノベーションをスタート。

痛んでいる箇所を補強し構造を残しながらの慎重な空間プランニングでは
1階を玄関、LDKと水廻りのみを配置したワンフロアに、
階段を掛け替えた2階は寝室などプライベートな空間へと一新しました。

リノベーションで大切にしたことのひとつが新旧の共存。
残した既存(旧)の梁を現しにし、モルタル・木・ステンレスの組み合わせが美しい造作カウンター付のセパレートキッチン、ガラス窓の印象的な扉やスチールフレームの階段など
今回リノベーションで新たに取り入れたものとのコンビネーションを大切にしたデザインにこだわりました。


印象的なラワン材で仕上げた美しい勾配天井、ロフトのように見える2階部分と
無垢材の床にこだわりのキッチンの組み合わせで
シンプルながらも尖りを感じられるリノベーションが誕生しました。


BEFORE

AFTER

DETAIL

リノベーション価格 1,800万円
施工面積 107.7㎡
築年数 90 年
工期 4.5ヶ月
所在地 京都府京都市
家族構成 ご本人
間取り 2LDK
物件種別 中古戸建てリノベーション

STAFF

Coordinater Kumiko Oyama
Planner Yusuke Furuya
Designer Wakana Miyanoshita
OTHER GALLERY

こちらの事例もおすすめ