木毛セメント板の表情映える家

京都市にて中古マンションを買ってリノベーション。
マンションの一室へ入って廊下を抜けると現れるのは横広のリビング空間。

元々和室だった窓側、リビングを広げるために間仕切り壁を取り払い、
わざと障子を残したことで少し和を感じるレトロな雰囲気になりました。

キッチンはステンレスのフラットカウンターに、美しいシルエットの水栓。
腰壁には黒い縦長のデザインがさりげなく目をひくタイルをあしらい、
天井は剥き出しにしてハードな印象もプラス。

レコードをきくことが趣味であるS様は
長く過ごすリビングのデザインパッケージのかっこいいそれらを
壁面に飾ることに。
木毛セメント板に集成材の棚板で仕上げた壁の質感がよい表情をしています。

トイレには怪しく光る赤の照明の遊び心、
天井の梁を剥き出しにしてモルタルで仕上げた洗面など。

和の要素残るレトロミックスな空間が完成しました。

BEFORE

AFTER

DETAIL

リノベーション価格 730万円
施工面積 74.96㎡
築年数 45 年
工期 2.5ヶ月
所在地 京都府京都市
家族構成 ご夫婦
間取り 1LDK+WIC
物件種別 中古マンションリノベーション

STAFF

Planner Kazuto Yoshioka
Designer Wakana Miyanoshita
OTHER GALLERY

こちらの事例もおすすめ