異なる素材を呼応で遊ぶ

大阪市内にて中古戸建てを買ってリノベーション。

正方形でない少し斜めになった建物は
鉄骨造を活かした躯体の現しの空間に。

玄関の入口から左右に分かれるリビングダイニングは
ダイニングをアカシアのフローリング、リビングの床に足場板を使用して
それぞれの質感を楽しめるように異なるふたつの素材をつなぐ役割を
モルタルの土間に担ってもらいました。

壁面には針葉樹の壁とコンクリートブロックを設置。
温かみのある木と無機質なコンクリートの共演が床の素材たちと
呼応して空間をつくり上げています。

針葉樹の壁にはご主人様の集めた
センスの良いパーツ、雑貨、小物が並びます。
扉には業務用のスイングドアを設置。
DIYで仕上げた塗装壁、鉄管で露出させた照明やスイッチなど
細部にまでこだわって。

厨房でもカフェでもない・・・・
自分たちだけの居心地のよいリノベーション空間ができあがりました。

BEFORE

AFTER

DETAIL

物件価格 2,950万円
リノベーション価格 785万円
施工面積 82㎡
築年数 40 年
工期 2.5ヶ月
所在地 大阪市
家族構成 ご夫婦・猫2匹
間取り 2L/DK+S
物件種別 中古戸建てリノベーション

STAFF

Coordinator Teppei Kidoguchi
Planner Fumiya Isshiki
Designer Rie Shirai
OTHER GALLERY

こちらの事例もおすすめ