暮らしを紡ぐその先を見越して

大阪市天王寺区にて中古マンションをリノベーション。

元々事務所としての機能を果たしていたメゾネットタイプのマンションを購入。

住み始めてから一度リノベーションをしたものの、
断熱が一切入っていなかったため冬場の寒さと言ったら耐え難いものがあって。

「冬を快適にしたい」と切実な願いを聞かせて頂き、リノベーション計画が始まりました。

部屋には断熱材が入っていないこと以外にも、間仕切りのほとんどないオープンな間取りだったことも寒さを感じさせていたポイント。

そこで私たちスクールバスは、玄関から左右にわかれたところに位置するリビングとダイニングスペースや
廊下と階段部分の間に建具を設けることに。

機能性とデザイン性の両方を保ちたい、それぞれ建具は造作することに。
大きな開口をもつ室内窓は空間をゾーニングしつつも採光を確保して全体的に明るく開放的な印象になりました。

また、外と面するガラス窓も直接冷気のあたらないように設けた二重窓も木材でオリジナルのオーダーメイド製作。
木がコンクリート剥き出しの無機質な空間に温かみをもたらします。

その他の要望では「収納の確保」もあげられていたので、玄関近くに3人家族それぞれで使うことのできる大容量のWICを設置。

入口は通気性にも考慮してアーチ型の開口に、壁は鉄製の板で巻いて仕上げました。

デザインに偏らず実際に暮らしを紡ぐその先を見越したリノベーション空間が実現しました。

DETAIL

リノベーション価格 913万円
工期 2カ月
所在地 大阪市
家族構成 3人
間取り 3LDK
物件種別 中古マンションリノベーション

STAFF

Coordinater Hiromi Tsuji
Design Assistant Izumi Tsujino

▼ SHARE

pinterestシェア facebookシェア はてぶシェア
OTHER GALLERY

こちらの事例もおすすめ