店舗と住居の兼ねた目をひくファサードの家

狭い間口、奥に長く古い建物をリノベーション。
既存の間取りや設備、内装、階段に至るまですべて取り除いて一から創り上げる自由。

課題は予算とアパレル、仕事の作業場、バー、
居宅スペースの共存、そして狭い間口に目を引くファザードをつけること。
ファザードとは店舗の鏡でもある正面外観のこと。

好きなものやこだわりをしっかり持ったお施主様だったので
イメージを伺いながら打ち合わせを重ねていき、デザインを決めました。

入ってすぐの部分には世界観感じるお客様の来店スペースと
モルタルで作った造作作業台のバースペース。
モルタルと足場板、壁は塗装で仕上げて
天井にはところどころ露出させた梁をアクセントに。


そして2階部分は作業場と住居スペース。
プライベートな空間はアカシアのフロアと天井壁はクロス仕上げ。

全体の雰囲気は壊さないように予算内に収まるよう
バランスを考えてプランを提案させて頂きました。

DETAIL

リノベーション価格 650万円
所在地 大阪市東成区
物件種別 ショップリノベーション
リノベーション価格は1F部分の金額

STAFF

Planner Yuki Kuwatani
Designer Rie Shirai

こちらの事例もおすすめ