時間のゆとりを意識したリノベーション

兵庫県内にて中古を買ってリノベーション。
物件は駅から少し離れたところにある見晴らしの良い中古マンションの一室。

「スクールバスさんにお任せします」
とリノベーションのデザインをほぼ一任頂き、
プランニングを開始。

ポイントは”ヴィンテージ感と家事導線”。

ストレートに伸びる珍しい形の玄関土間はモルタルで仕上げ、
造作したエキスパンドメタルのアイアン建具をあしらった靴箱の組み合わせが無骨でかっこいい印象を演出してくれます。

玄関土間を抜けると広がるフルハンドメイドでヴィンテージ加工を入れた重厚感のあるフローリング、
凹凸のあるモールディングデザインに
エイジング塗装を施したキッチンの腰壁や

一面ラワンベニヤを張ってアクセントウォールに仕立てた
カップボード設置面の壁がキッチンのアクセントに。
塗装にはつやのあるものを使用して高級感とヴィンテージ感のある仕上がりになりました。

ヴィンテージ感のある空間に
家事のはかどるような動線づくりを意識することで
時間のゆとりを持てるような新居が誕生しました。

BEFORE

AFTER

DETAIL

施工面積 74.37㎡
築年数 22 年
工期 2.5ヶ月
所在地 兵庫県
家族構成 夫婦
間取り 2LDK+WIC
物件種別 中古マンションリノベーション

STAFF

Cordinater Kenta Hioki
Designer Masami Yamaguchi

こちらの事例もおすすめ