英国ヴィンテージの香り漂う家

大阪市住之江区での中古マンションを買ってリノベーション。

玄関扉を開けると存在感のあるクロスが。
これがかの有名なWilliam Morris(ウィリアム・モリス)の作品「いちご泥棒」。

モリスが自宅の庭で大切に育てていたいちごを
ツグミ(鳥)が食べてしまった光景をみて 愛らしく思い、絵に表しました。

キッチンと洗面の水回りにはモールテックスを使用し、
建具をシャビーな色味にすることで英国ヴィンテージ漂う空間に。

キッチン背面の造作扉の中には、食器や家電製品などを収納。
見せない収納を叶えつつ、空間のシンボリックな存在に。
コンロ周りには遊び心のあるタイルを貼り付けて。

モールテックスの無骨な雰囲気と真鍮・グレーカラーの綺麗めなテイストが組み合わさり
A様のこだわりがたっぷり詰まったリノベーション空間になりました。

BEFORE

AFTER

DETAIL

物件価格 1,080万円
リノベーション価格 780万円
施工面積 80.17㎡
築年数 38 年
工期 2.5カ月
所在地 大阪市住之江区
家族構成 夫婦+子ども
間取り 2LDK+S
物件種別 中古マンションリノベーション

STAFF

Director Hiromi Tsuji
Designer Rie Shirai

▼ SHARE

pinterestシェア facebookシェア はてぶシェア
OTHER GALLERY

こちらの事例もおすすめ