古家を再生。素材を活かしたアメリカンヴィンテージスタイル

大阪府枚方市での中古戸建てリノベーション。

もともとはマイホームを建てようと土地を探していたT様。
希望していたエリアで見つけたのは築30年ほどの古家付きの土地。
古さが気に入り、家の中をみて
これはリノベーションしたほうがおもしろいかもしれないと考えたそう。

提案したスケッチパースやスクールバスのテイストを気に入ってくれたT様。
パートナーとして一緒に家づくりをスタートさせました。

目指したのはインダストリアルな雰囲気漂うアメリカンヴィンテージスタイル。

古家ゆえに、暮らしやすさには欠ける部分も。
和室を無くし、LDKは廻遊できる動線に変更し
ダイニング部分に室内窓を設けることで、暗かった廊下にも光が。

キッチンは暮らしをイメージしながら複数パターンを検討して
落ち着いたのがU型プラン。
カウンターの下にたっぷり収納ができる上に、見せたくないものは隠せて◎

天井もオープンにして開放感を出し
空間全体のアクセントとして2本の梁は塗装せずに残しました。

「昔の小学校のようにしたい」というT様の希望で床は無垢のパーケットを採用。
使い込むほどに味を出していく無垢の床はヴィンテージスタイルにぴったり。

アイアンの室内窓やガルバリウム鋼板で仕上げたキッチンなど
インダストリアルな素材を活かしたデザインで
スチール製の家具や照明、植物など
お持ちだったインテリアとも馴染む開放的なLDKになりました。

サニタリーは、ニューヨークのホテルをイメージ。
壁一面のホワイトのタイルとシルバーアイテムでクールな雰囲気に。

インテリアや空間、好きなものに囲まれる
快適で心地よいリノベーションが新たに生まれました。

BEFORE

AFTER

DETAIL

リノベーション価格 660万円
施工面積 86.94㎡
築年数 30 年
工期 2.5ヶ月
所在地 大阪府枚方市
家族構成 夫婦
間取り 2LDK
浴室・トイレは既存利用

STAFF

Director Yuki Kuwatani
Designer Rie Shirai

こちらの事例もおすすめ