モルタル×木×アイアンのモダンアメリカンな住まい

奈良市での中古戸建リノベーション。

間仕切りがなく大空間なLDKと、広い土間に憧れていたF様。
自然が豊かな環境が気に入り購入した物件が
実は間取りがほとんど変えられない構造だと発覚…。

大空間は無理でも開放的に暮らしたいと、スクールバスへ。
F様の目指す開放感のあるリノベーションプラン計画がスタートしました。

間取りを変えられないぶん、プランで工夫を。
1Fは、エントランスから廊下へと繋がるモルタル床と
建具の黒が空間を引き締める、クールなフロアに。
ガラスの建具や大きな室内窓を多用し、広がりを演出しました。

そしてガラッと雰囲気を変えた木の温かみを感じるLDK。
セパレートの木製キッチンはオリジナル。
オープンな収納にはお気に入りの食器がずらり。

2Fは建具のない、つながりを感じるフロアに。
洋服が好きなご夫婦のためにショップのようなWICを新設しました。
シアタールームは、ロフトから映画をのんびり眺められるように。
WICと繋がる小さな開口で遊び心もプラス。

プランの工夫で、希望を叶えたリノベーションとなりました。

BEFORE

AFTER

DETAIL

リノベーション価格 930万円
施工面積 122.14㎡
築年数 20 年
工期 3か月
所在地 奈良県
家族構成 夫婦+両親

STAFF

Director Yusuke Furuya

こちらの事例もおすすめ