街と海が一望できるインダストリアルな家

「海が見える家に住みたい」と物件探しを始めたOさまが見つけたのは
住宅街の高台に建つ、鉄骨造の2階建住宅。

ずっと集めていたヴィンテージの家具や照明、
インテリアが似合う空間へとリノベーションをスタートさせました。

1階は、ヘリンボーンの床や現しの鉄骨、
木やアイアンの収納を備えたオリジナルキッチン
Oさまが2日間かけてDIYで塗装した壁など
倉庫を改修したようなラフでインダストリアルな雰囲気に。

キッチンに立つと、窓の向こうには神戸の街と海が一望できる景色。
Oさまのお気に入りだそう。

一方2階は、採光・通風・動線に配慮した建築的な美しさが際立つ空間へ。
中央に寝室を設けて、まわりをぐるりと回遊できる動線にリノベーション。

読書が趣味の旦那さまのため、ライブラリースペースを。
ベンチに腰掛けてゆったりを読書を楽しめます。
屋根裏を使ってロフトをつくり、収納スペースも確保。

Oさまのこだわりが細部にまでつまった住まいになりました。

BEFORE

AFTER

DETAIL

リノベーション価格 1,410万円
施工面積 88.65㎡
工期 2ヶ月
所在地 兵庫県神戸市
家族構成 夫婦+子ども2人

STAFF

Director Hiromi Tsuji
Designer Rie Shirai

こちらの事例もおすすめ