中古マンションのトイレをリノベーションする際の注意点について紹介します!

2020/1/26(sun)

「中古マンションをリノベーションしたい」
「トイレのリノベーションをしたいけど分からないことが多い」
このようなお悩みをお持ちではないでしょうか。

リノベーションの経験がない方は、分からないことが多いですよね。
そこで今回は、中古マンションのトイレをリノベーションする際の注意点について紹介します。

 

□中古マンションのトイレをリノベーションする際の注意点って何?

中古マンションのトイレをリフォームする際の注意点はいくつかあります。
今回はその中の4つを紹介します。

1つ目は、「床の素材は慎重に選ぶ」です。

トイレのリフォームに際の床の素材選びはとても重要です。
特に、見た目がおしゃれという理由でトイレの床にフローリングを選ぶ方がいますが、できるだけ止めておきましょう。
フローリングは、水に弱く、トイレに多いアンモニアにも弱いです。
アンモニアとは、無色で刺激臭が強い成分のことで、排出された尿によく含まれています。
床材の選定は、デザインも大事ですが、機能性も意識しましょう。

2つ目は、「排水管の位置を意識する」です。
トイレの排水方法は、床排水と壁排水の2つです。
床排水は、配管が見えないのが特徴です。
壁排水は、壁に向かって配管が接続されているのが特徴です。
排水方法によって、選べるリフォームが変わってくるので、トイレのプチフォームを考えている方は、しっかりとチェックしましょう。

3つ目は、「トイレ内の電源をチェックする」です。
古いタイプのトイレをリノベーションする際は、トイレ内に電源が無かったり、少なかったりする可能性があります。
電源がなかった場合、別に電気工事を行う必要があるので、事前に確認しておきましょう。

4つ目は、「収納の設置場所を考慮する」です。
トイレは、狭い場所に配置するため、トイレをするときに息苦しいと感じてしまう可能性があります。
その際に重要なのが収納の設置場所です。
トイレの広さの感じやすさは、収納の場所や大きさによって大きく変わります。
収納を壁の中に設置するのか、トイレの上に設置するのか、空間が広く感じられるようにしっかりと考えて配置しましょう。

 

今回は、中古マンションのトイレをリノベーションする際の注意点について紹介しました。
今回紹介した内容についてお分かりいただけたでしょうか。

あらかじめ、失敗しそうな点や注意点を押さえておくと後から後悔することを防げます。
リフォームについて分からないことがある方は、お気軽にお問い合わせください。

 

SCHOOL BUS(スクールバス空間設計)