京都の中古物件をリノベーションするなら価格の相談にも応じる【スクールバス】
~戸建て・マンションそれぞれのメリット~

京都の中古物件をリノベーションするにあたり戸建て・マンションどちらにするかお悩みの方へ

京都の中古物件をリノベーションするにあたり戸建て・マンションどちらにするかお悩みの方へ

京都中古物件リノベーションしたいとお考えの方は、【スクールバス】へご相談ください。

リノベーション用の中古物件を購入するにあたり、戸建てにするかマンションにするかという選択でお悩みの方がいらっしゃるかと思います。近年、リノベーションの認知度が高まった影響で中古物件のニーズが高まっている現状があります。

その中で、戸建てとマンションどちらがおすすめできるか?という質問の答えは、リノベーションを行う条件によって変わってきます。

利便性が高いエリアに拠点を構えたい場合は、マンションをおすすめします。その理由として、土地が余っていないエリアでもそこに建っているマンションを選択することが可能な点が挙げられます。

また、予算に対して床面積が広く取れるケースが多いのもマンションの特徴です。しかし、マンションの場合は管理規約によって施工の範囲が制限されてしまう場合もあるので、事前の調査が必要となります。

反対に、資産として家を持つことが目的であれば戸建てをおすすめします。資産の中では土地が大きな価値を見出すため、構造躯体や保存状態が良い戸建ては価値があると言えるでしょう。こういったお悩みをお持ちの方は、戸建てとマンションどちらの導入事例も豊富な【スクールバス】へご相談ください。

京都の中古物件をリノベーションする前に知っておきたい物件価格とリノベーションの関係とは

京都の中古物件をリノベーションする前に知っておきたい物件価格とリノベーションの関係とは

京都の中古物件をリノベーションしたいとお考えの場合、購入する物件を安さだけで選んではいけません。なぜなら、リノベーションを行う際、修繕が必要であることが判明し、想定外のコストが発生するといったケースがあるからです。

そういった事態を防ぐためにおすすめなのは、物件購入の際にその物件価格が状態に応じて適正なものか、またリノベーションを行うにあたって、施工が可能な適切な物件であるか、最後に現行の耐震基準を超えているかなど安全面の調査を行うことです。

そういった調査費用も含め、物件価格とリノベーションを行う費用とのバランスを総合的に考える必要があります。

京都の中古物件をリノベーションしたいとお考えの場合は、物件購入後のリノベーションまでワンストップで一任できる【スクールバス】へご依頼ください。【スクールバス】では、建物の調査を行う専門資格を持ったスタッフが、一つ一つのチェック項目を明確にし、安心してリノベーションを行うために、物件購入時に総合的な適正調査の徹底を行っています。

お役立ちコラム

京都で中古物件のリノベーションを依頼するなら【スクールバス】へ

会社名 スクールバス空間設計株式会社
住所 〒541-0041 大阪市中央区北浜 1-5-8 SENSEISHA BLDG.
TEL 06-6205-3733
URL http://www.school-bus.jp/