スケルトンリノベーションとは?

2020/10/30(fri)

みなさんはスケルトンリノベーションをご存じでしょうか。
リノベーションという言葉は聞くことは多いかもしれませんが、スケルトンリノベーションは聞きなじみがあまりないかもしれません。
そこで今回は、スケルトンリノベーションについてご紹介します。

 

 

□スケルトンリノベーションとは何か

スケルトンリノベーションとは通常のリノベーションと異なり、建物の枠組みだけを残して、内装や設備をまるごと設計し直すことです。
通常のリノベーションでは大きく変更できない水道管の配置変更なども行えるため、自分の求める間取りについて考えておくといいでしょう。
自由に間取りを変更できるので、家族のライフスタイルにも合わせられます。
現在では、スケルトンリノベーションを単純にスケルトンと略して言うことが多いです。

 

□スケルトンリノベーションのメリットとデメリット

スケルトンリノベーションのメリットは何と言っても自由度が高いことでしょう。
例えば、1LDKであったものを子どもの人数に合わせて3LDKに変更したり、キッチンをアイランド型にしたりなど自由にリフォームを施せます。
世界に1つしかない自分のためのリノベーションを行ってみてはいかがでしょうか。

スケルトンリノベーションは、自由度が高いだけでなく、機能性も高いです。
古いマンションに多いのですが、LAN機能が決まった場所にしかないことがあります。
こういった不便な点を、工事で改善できます。
失敗を防ぐためにも、一度、住居に必要な機能について家族で相談しましょう。

 

次に、スケルトンリノベーションを行うデメリットについて説明します。
デメリットとして挙げられるのは、マンションの構造によって制約がかかってしまうことがあるということです。
スケルトンリノベーションは自由度が高いけれど、構造によってはプランの限界があることを理解しておく必要があるでしょう。

例を挙げると、壁式構造マンションというマンションがあります。
壁式構造マンションはマンションを支えるのに壁を採用しているため、その壁を除去するのは困難です。
反対に、壁式構造マンションではなく、柱で空間をつくっているラーメン構造の場合では自由に壁を取り外せます。
そのため、スケルトンリノベーションがしたい場合には構造がとても重要なポイントになってきます。

事前に自分のマンションの構造を確認しておきましょう。

 

今回はスケルトンリノベーションとは何かについてとそのメリットとデメリットについて説明しました。
スケルトンリノベーションは自由に設計し直せるリノベーションですが、制限があることを理解しておいてください。

 

SCHOOL BUS|スクールバス空間設計

 


 

▼Store Information -各店舗ページ-

大阪で中古物件探し・リノベーションをお考えの方は >> スクールバス大阪 店舗ページ

京都で中古物件探し・リノベーションをお考えの方は >> スクールバス京都 店舗ページ

神戸で中古物件探し・リノベーションをお考えの方は >> スクールバス神戸 店舗ページ

 

▼Gallery – 施工事例-

スクールバスのリノベーション施工事例一覧はこちら >> 施工事例

 

▼Event -リノベーションイベント-

リノベーション相談会やオープンハウス情報はこちら >> イベント情報