部屋の分割だけじゃない。中古住宅の仕切りリノベーションの可能性は無限大!

2019/12/30(mon)

今回紹介するのは、部屋同士を分ける「仕切り」を用いたリノベーションです。
本来は部屋同士の分割の役割を持つ仕切りですが、アイデア次第でいろんな活用方法があります。
今回は中古住宅の仕切りのリノベーションで素敵な空間を手に入れた事例とそのメリットをお伝えします。

 

□引き戸式パーテーションを用いたリノベーションでプライベート空間をゲット!

どんなに仲のいい家族でも、たまにはプライベートな時間が欲しいですよね。
「でも、部屋同士を壁で仕切ってしまうのはちょっと寂しい。」
そんな方におすすめなのが、お手軽にできる引き戸式のパーテーションを使ったリノベーションです。

例えば、並んだベッドとベッドの間にリノベーションで引き戸式のパーテーションを取り付けます。
「家族と一緒に時間を過ごしたいときは開けて、自分だけの時間を過ごしたいというときは閉める。」という選択が可能です。
ストレスがほとんどなくお互いにゆったりとした時間を過ごせるでしょう。
引き戸式のパーテーションは場所を取らないため、狭い部屋でもお手軽にリノベーションが可能です。

 

□仕切りを無くすリノベーションで光が入りやすく明るい家づくり!

部屋同士を仕切るための壁は、あまり多すぎると部屋が暗くなる原因になってしまいます。
部屋に光を入れ、明るい印象を持たせたい方におすすめなのは構造上可能な限りの壁を取るリノベーション方法です。

光が部屋の隅々まで届く明るい空間を一度体験していただくと、きっとご満足していただけるでしょう。
また、壁を無くすことで明るさと同時に開放感も手に入るので、よりリラックスしやすい空間が確保できます。

 

□趣味を存分に楽しむためにまさかのリノベーション!

「最近趣味のボルダリングを家の中でも楽しみたい。」
近年ボルダリングは大人気なので、中にはこのような考えの方もいらっしゃるかもしれません。
そのような場合は壁をボルダリングの練習場所にしてみてはいかがでしょうか。

実際に、子供部屋にボルダリング壁を設置した事例があります。
雨の日でも関係なく遊べるのが嬉しいですよね。

 

今回は実際のリノベーションの事例を通して、そのメリットについてご紹介しました。
プライベート空間からボルダリングの練習場所まで、アイデア次第で自分好みのリノベーションができます。
リノベーションをお考えの方はお気軽に当社までご連絡ください。

 

SCHOOL BUS(スクールバス空間設計)