3ldkから4ldkへのマンションリノベーションをお考えの方へ!注意点をご紹介

2022/5/24(tue)

マンションをリノベーションするためには、注意しなければいけないことがいくつかあります。
そこで今回の記事では、マンションリノベーションで3ldkから4ldkにしたい方のために、注意点をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

□LDKとは?

マンションリノベーションを行う前に、まずLDKとは一体何なのかを確認してみましょう。
LDKの英文字には、それぞれ意味があります。
Lはリビング、Kはキッチン、Dはダイニングを表します。
つまり、LDKはこれらの設備がすべて揃っている間取りのことを指します。

LDKだけではなく、キッチンのみのKやキッチンとダイニングがついているKDの間取りもあります。
では、3LDKや4LDKのように、数字がついているLDKはどのような意味を持つのでしょう。

3LDKや4LDKについている数字は、居室の数を表します。
3LDKは居室が3部屋あり、4LDKは居室が4部屋あります。
3LDKから4LDKにリノベーションするというのは、追加で1部屋増やすことを意味します。

マンションでリノベーションをする場合、部屋の広さを追加することはできません。
元々ある部屋の広さの中でリノベーションする範囲を決め、個室を1つ増やします。
3LDKの中で1番大きい居室を2つにするリノベーションは比較的簡単ですが、ドアの位置や個室の広さによってはリノベーションが難航します。

リノベーションする部屋は間取りが変わってしまうので、間取りが変わってしまうことを理解したうえでリノベーションするのがおすすめです。

 

□4LDKのマンションのメリットとは?

ここからは、4LDKマンションのメリットをご紹介していきます。
メリット1つ目は、設備の新しさです。
4LDKは3LDKでは設置できなかった設備や家具などが設置できるようになります。

メリット2つ目は、子ども部屋をしっかり確保できる点です。
4LDKは居室が4つになるため、子ども部屋をしっかり作ってあげられます。
子ども部屋を作っても、余裕を持って残った部屋を利用できるため、快適に暮らせます。

たとえ家族であっても、個人のプライベート空間を作ることは非常に重要です。
在宅ワークが増える今、家族でもある程度距離を保っておかないと近づきすぎて険悪になってしまう家庭も少なくありません。
4LDKは部屋数が増えるだけではなく、暮らしの雰囲気もチェンジできます。

マンションをリノベーションする時は、部屋全体の広さと部屋の数のどちらを選ぶのかを決めておきましょう。
軸が決まっていないと、リノベーションするまでに時間がかかってしまったり、完成が長引いてしまったりする可能性があります。

他にもリノベーションする部分がないかも確認しておきましょう。
リノベーションし始めてから「ここもリノベーションしたかった」ということにならないために、現在の暮らしを想像して改善したいところや向上したいところをあげてみるのが良いでしょう。

 

□マンションリノベーションする時に特に注意したい点とは?

マンションリノベーションする場合は、自分の部屋のことだけではなく、その周りにある階段や廊下などの共有部分にも気をつけないといけません。
マンションの共有部分にひび割れやコンクリートの剥がれ落ちがないか確認するようにしましょう。

マンションの共有部分は10から15年のスパンで修繕が行われることがほとんどです。
この修繕に関する費用は、住民から徴収されることが多いため、修繕の時期に数万円から数十万円支払わなければいけないことがあります。

リノベーションの時期と被って大きな出費にならないためにも、修繕の計画を管理会社に確認して時期が被らないようにしましょう。

その他にも、マンションの住民さんのことも気をつけるようにしましょう。
マンションは一軒家と比べて、周りの住民との距離が近く、工事をする場合も周りに配慮しなければいけません。

マンションのリノベーションを事前に伝えておかないと、近隣住民とのトラブルの原因となる可能性があります。
リノベーション工事中に出る騒音や、作業員の出入りなど想定されることを思い浮かべて知らせるようにしましょう。
書面のみで説明して、口頭で説明がないとトラブルの原因にもなるので注意しておきましょう。

こちらは弊社では近隣挨拶などさせていただいておりますのでご安心くださいませ。

 

ここまで、マンションリノベーションについて解説してきました。
リノベーションしにくいと思われがちなマンションも、マンションリノベーションで暮らし方の選択肢を増やせます。

リノベーションしたいが、何から始めれば良いか分からないという方は、ぜひ当社までお気軽にご連絡ください。
たくさんのリノベーションアイデアの中から、お客様に最適なデザインをご提案いたします。

その他にもリノベーションのことでお悩みの場合は、遠慮せずにお問合せください。
当社のスタッフが真摯に対応いたします。

 

SCHOOL BUS(スクールバス空間設計)

▼SHARE

facebookシェア はてぶシェア