中古マンションをリノベーションするときのポイントを徹底解説

2021/12/24(fri)


「中古マンションをリノベーションしたい」
「自分好みの空間を作りたい」

中古マンションを購入して、自分好みの住まいを手に入れたいですよね。

中古マンションをリノベーションすることは、新築マンションを購入するよりも安価でマイホームを手にいれることができます。

今回は中古マンションのリノベーションに必要な知識を紹介していきます。

中古マンションのリノベーションを検討されている方は、ぜひご覧ください。

中古マンションのリノベーションとは

中古マンションのリノベーションとは、中古マンションを購入して、家族構成やライフステージに合わせて間取りや内装を自分好みにリノベーションするスタイルです。

新築でマンションを購入するよりも安価で購入でき、注文住宅のような住まいを手にいれることができます。

中古マンションをリノベーションするメリットとデメリット

中古マンションをリノベーションするメリットは、主に5つあります。

・物件が豊富なこと
・自由に設計とデザインができること
・資産価値が下がりにくいこと
・周囲の環境を前もってチェックできること
・環境に対する負荷が小さいこと

中古マンションは物件数が豊富にあるため、希望条件に合う立地で物件が見つかりやすいです。

中古住宅のリノベーションと比べると、一部制限はありますが、それでも自由に空間を設計することも可能です。

一方で、デメリットもあります。

・手間と時間がかかること
・住み始めるまでに時間がかかること
・間取りの変更ができない場合があること
・追加の補修費用がかかる可能性があること

メリットとデメリットを比較したうえで、中古マンションのリノベーションを検討することが大切です。

関連記事:中古マンションをリノベーションするメリットとデメリット

中古マンションをリノベーションするのにかかる費用

中古マンションのフルリノベーションを行うと、かかる費用は500万円~1,000万円程度が目安です。

マンションの広さや状態によりますが、1平方メートル当たり10〜15万円ほどが平均となります。

費用に差がある理由は、間取りの変更有無や、延床面積によって工事にかかる期間や材料費、人件費などが変わってくるためです。

また、築年数が古い物件は、設備・配管の交換なども必要になってきます。

中古マンションをリノベーションする際には、まとまった費用が必要となります。

関連記事:中古マンションのリノベーション費用の相場

中古マンションをリノベーションするのにかかる期間

中古マンションをリノベーションする期間は、リノベーションをする規模によって変わってきます。

フルリノベーションの場合、約2〜3ヶ月ほどかかります。

部分リノベーションの場合は、リノベーションをする場所や工事内容によって期間が変わってきます。

・キッチン 2〜4日
・お風呂 3〜4日
・トイレ 1〜5日

リノベーション期間中は、マンションに住むことはできないため注意しましょう。

また、リノベーションにかかる期間は、「マンションの状態(躯体や配管など)」「大型休みによる業者の休業期間」「天候(屋根や外壁の工事が必要な場合)」などによっても左右されます。

目安となる期間が前後する可能性はありますので、リノベーションにかかる期間には余裕を持たせて計画を立てておきましょう。

関連記事:中古マンションのリノベーションにかかる期間

リノベーションに適した中古マンションの選び方

リノベーション向きに中古マンションを購入する場合は、以下のポイントを確認しましょう。

・配管経路を確認すること
・共有部分を確認すること
・ハザードマップを確認すること
・管理規約による制約を確認すること
・購入するマンションの価値を見極めること

特に管理規約を確認しておくことは大切です。

マンションの管理規約には、リノベーションする際の規則も記載されていることが多いです。

マンションによってはリノベーションに関する制限を記載している場合もあるため、しっかりと確認しておきましょう。

関連記事:リノベーションに向いている中古マンションの選び方

中古マンションのリノベーション事例

中古マンションをリノベーションした事例を3つ紹介します。

事例1

家具の色味に合わせて、自然な雰囲気になる空間作りを意識してリノベーションをした事例です。

天井はダウンライトの照明にクロスで仕上げ、床は幅の広いタイプのものを使用しオスモのクリアカラーで塗装したものを貼付。

特徴的なリビングのL字型部分はヘリンボーンのように角がうまく組み合わさるようにデザインをしたところもこだわりポイントのひとつです。

リノベーション価格:1,180万円
施工面積:144.2㎡
築年数:53 年

関連記事:https://www.school-bus.jp/gallery/85

事例2


LDKにゆとりを持たせくつろげる空間を目指し、壁付けになっていたキッチンをオープンに配置。

和室を取り除き収納力のあるウォークスルーのクロゼットを新設しました。

デザインではスクールバスコーヒーストップのカフェを参考にされ、モルタルキッチンのカウンター、コンクリート打ちっぱなしの天井など無骨な印象の空間に仕上がりました。

リノベーション価格:1,150万円
施工面積:65.42㎡
築年数:19 年
工期:2.5ヶ月

関連記事:https://www.school-bus.jp/gallery/84

事例3


スケルトンリノベーションを希望されましたので、既存のものよりさらに暮らしやすい動線と間取りを求めて一から作り上げていくことに。

限りある広さの中、気になったのは廊下部分。

出来る限り空間を広く魅せるため廊下だった部分をなくし玄関土間に取り込みリビングダイニングまでダイレクトにアクセスできるようプランニングを行いました。

リノベーション価格:890万円
施工面積:53.24㎡
築年数:17 年
工期:2.5ヶ月

関連記事:https://www.school-bus.jp/gallery/83

スクールバスでは中古マンションに関して、多数のリノベーション事例を掲載しております。

その他事例に関しては、「リノベーション施工事例」記事をご覧ください。

中古マンションのリノベーションの失敗例

中古マンションのリノベーションで失敗しやすいポイントは、以下の4つです。

・予算の失敗
・物件選びの失敗
・プランニングの失敗
・会社選びの失敗

中古マンションのリノベーションは、物件費用とリノベーション費用の2つがかかり、非常に大きな買い物になるため、失敗は避けたいですよね。

失敗につながりやすいポイントを事前に把握して、対策をすることで失敗を避けることができます。

関連記事:中古マンションの購入を考えている方へ!リノベーションで失敗しないためには

まとめ

中古マンションのリノベーションについてご紹介しました。

中古マンションのリノベーションは人気を集めており、新築マンションよりも安価でマイホームを手にいれることができます。

今回紹介したポイントを参考に、中古マンションのリノベーションをご検討ください。

SCHOOL BUS(スクールバス空間設計)

▼SHARE

facebookシェア はてぶシェア