【兵庫・宝塚】N様邸お引渡し式を行いました!

2020/9/14(mon)

 

兵庫県宝塚市内にて中古マンションを買ってリノベーション。

場所は宝塚市の仁川の程近く。

 

終始素敵な笑顔だったN様とのお引渡し式の様子を今日はご紹介いたします。

 

まずはこれから新たに住まうおうちから。

どのお施主様にもいくつかあるこだわりポイント。

 

まずはリビングから!見た目にはかなりこだわりました。

キッチンの腰壁は鉄板をあしらって、天井にはルーバーを設置。

腰壁の鉄板と造作のリビング扉はまとまりが良いように同じ色に仕上げました。

 

無垢フローリングの床、塗装色はピスタチオカラー。少し緑がかっているのがわかりますか?

なかなかないすてきな色味です。

 

 

白いサブウェイタイルはさりげない存在感。

主張の強い色味を控えることでインテリアで遊べる空間に。

コバルトブルーのペンダントライトがとっても空間に映えています。

 

扉の取っ手はゴールドに。黒とゴールドの組み合わせは気品のある雰囲気がでて人気。

 

 

その取っ手に合わせてN様がご用意されたのは真鍮のトグルスイッチ。

3連は長方形に、1連タイプのものは多角形になっていて全部形が統一されていないのがなんとも可愛い!

 

 

造作の扉は掘り込みを入れることで立体的に、かつデザイン性の出る仕上がりに。

木の扉に塗装をしているので色がとれたとしても自分で塗り直すことが可能です。

 

ぐるっとキッチンの内側にまわって床をみてみると、可愛らしいヘキサゴンタイル。

これ本物のタイルなんです!

フロアタイルにもヘキサゴン柄のものがあるのですが、やっぱり本物は本物の良さがありますね。

 

このヘキサゴンタイルはキッチンまわりからインナーテラスまでずっと続いています。

インナーテラスの3枚連動造作引戸もリノベーションでこだわったポイント。

 

そして、最後のこだわりポイントは

今回のN様邸のリノベーションでのみどころのひとつ!

 

お手洗いの奥の壁をポーターズペイントに。

しかもこれ!DIYでしあげられたんです。

 

 

この壁を・・・

 

自分たちで塗ってしあげました。

※写真は玄関を入って正面にある壁を塗っている様子です。

 

 

お盆の間にN様ご夫婦とご主人のご両親、そして担当スタッフとデザイナー総出でDIY塗装を完成させました。

こだわりと思い出の詰まった空間です。

 

▼▼▼

 

たっぷりN様邸のリノベーションをご覧頂いた後はお引渡し式へ!

 

 

まずはテープカットの儀式から。

カットするステージはキッチン前にセッティングさせていただきました!

 

 

神聖な儀式なので手袋をはめて・・・

 

 

真ん中のぼんぼりを落とさないようカット!

カット前のワンショットカメラ目線もばっちりいただきました^^

 

 

では左から・・・

 

続いて右から・・・

カットする前に「切りますよ」のアイコンタクトをいただきました^^

 

 

無事にカットをして頂いた後は、リノベーションデザイナーからインテリアグリーンの贈り物を。

キッチンや玄関、洗面所など・・・

小さなグリーンがひとつ置いてあると空間が華やかになります。

 

さて、お次は!大阪店引渡し式恒例のルーレットダーツ!

 

 

みなさん、気づきませんか?!なにか違和感がありませんか?!

そう、ルーレット盤がいつもと違うんです。

 

なんでかというと・・・店舗からもって出るのを忘れてしまったから笑。

スタッフが機転をきかして即席のルーレット盤が誕生しました^^

目新しくてこれも良し!

 

投てきは奥様から。

狙って・・・

 

 

続いてご主人様。

何があたったのでしょーか。

 

 

式の最後にはサプライズでお客様からリノベーションコーディネーターとデザイナーそれぞれにプレゼントが!

コーディネーター木戸口はおいしそうなお酒のおつまみセット、デザイナー吉田は可愛いお皿だったみたいです。うらやましい!

 

おふたりのおかげで最後の最後まで笑顔溢れる素敵なお引渡し式になりました。

これからすてきな住まいをつくられて行ってくださいね。

 

SCHOOL BUS (スクールバス空間設計株式会社)