家づくりの盲点!コンセントの位置の決め方を徹底解説します!

2021/12/24(fri)

家づくりにおいて、コンセントの位置は非常に重要ですが、意外と考慮されていない部分でもあります。
そこで今回は、失敗しないコンセント位置の決め方についてご紹介します。
また、コンセント位置のチェックポイントについても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

□失敗しないコンセント位置の決め方をご紹介!

ここからは、失敗しないコンセント位置の決め方を4つご紹介します。
1つ目が、間取りに家具の配置をして考える方法です。
家具を配置すると言っても、実際に家を見る前に決めることになるので、住宅の間取り図面上で大丈夫です。
家具の配置によってもコンセント位置が変わってくるため、間取り図面に家具を置くとイメージが付きやすいのです。

2つ目が、家電製品の配置を決めて考える方法です。
家具と同様に、家電製品を配置して考えるのも有効となります。
特にキッチンでは使用する家電製品は多いので、同時に使う家電の数を把握していないと、コンセントが足りずにタコ足配線を多用する事態になる恐れがあります。
キッチンで使う家電製品は使用する電気量の大きいものが多いため、火災やトラブルの原因になるタコ足配線は避けるのがおすすめです。

3つ目が、掃除機の使い勝手で考える方法です。
家具と家電の邪魔にならない位置に十分なコンセントの場所を決めたら、残りのコンセントの場所を決めていきましょう。
その際には、掃除機のコンセント位置を意識しながらコンセントを配置するのがおすすめです。
掃除機を使用する位置をイメージすると家の隅々までコンセントが配置され、コンセントをつけ忘れるミスがほとんど無くなります。

4つ目が、インターネット機器の配置で考える方法です。
インターネットを繋ぐための方法は、フレッツ光やケーブルTVのインターネット、各部屋にLAN配線など多くの方法があります。
コンセントの位置を決める際には、これらのインターネット環境に何を選ぶかでコンセントの必要な個数や位置が変わってきます。

 

□コンセント位置のチェックポイントを部屋別にご紹介!

ここからは、コンセントの位置のチェックポイントを部屋別にご紹介します。
まずは、リビングのコンセントです。
リビングもキッチンド同じく、家電機器が多いスペースの一つです。
リビングで使用する家電は、主に以下のようなものがあります。

・テレビ、ブルーレイディスク/ハードディスク、ゲーム機器、オーディオ機器
・固定電話、ネット接続終端機器、Wi-Fiルーター、スマホ充電、パソコン、プリンタ
・掃除機、エアコン、掃除機、空気清浄機、加湿器、除湿器、サーキュレーター
・扇風機、こたつ、電気ストーブ、電気カーペット、クリスマスツリーなどの季節家電

このほかにも、ご家庭によって様々な家電を使用するかと思います。
使用する家電をすべて書き出し、それぞれ適切な位置にコンセントを設置しましょう。

続いて、玄関・シューズクロークのコンセントです。
玄関・シューズクロークではコンセントを使用する機会が無いと思われる方も多いかもしれませんが、各1箇所ずつはコンセントを計画するのがおすすめです。
掃除機を使用する際はもちろん、最近は電動自転車の充電のために要望される方も増えています。
また、スペースに余裕があればクリスマスツリーを飾るのも素敵ですね。

最後に、洗面室・脱衣室、洗濯機まわりのコンセントです。
洗面化粧台周辺に関しては、ドライヤーや電動ひげそりの使用のために、洗面化粧台にコンセントは必須となります。
また、収納部分にもコンセントを設けておくと、電動歯ブラシ等を収納したまま充電できて非常に便利です。

脱衣スペースでは、補助暖房用のヒーターや扇風機の利用が考えられます。
季節によって使用する家電も変化するため、一年通してしっかりイメージすると使いやすいコンセント配置となるでしょう。

洗濯機周辺に関しては、洗濯機のコンセントはもちろん、洗濯物を干すためのランドリースペースとして利用する場合は、除湿器やサーキュレーターのコンセントも検討すべきでしょう。

 

□コンセント配置のコツをご紹介!

ここからは、コンセント配置のコツを2つご紹介します。

1つ目は、模様替えに備えましょう。
広いリビングを設けられた方は、リビング内で模様替えをするケースもあるでしょう。
リビングに2つ以上テレビを置けるスペースがある場合は、模様替えのことも考慮して、候補箇所のどちらにもテレビやAV系のコンセントを用意しておくと便利でしょう。

2つ目は、季節家電の利用予定がある場合はコンセントも用意しましょう。
扇風機や暖房、こたつなどの季節家電を毎年使用されるご家庭は、一緒にコンセントも使いやすい場所に用意するのが良いですね。
例えば、高齢者と一緒に住まれているご家庭は、ヒートショックに備えてトイレや洗面所に予備につけておきたいところです。
ご家族みんなの要望を聞き、1年の暮らしをイメージすると、いざ寒くなったり暑くなったりしてもゆったりと構えて過ごせるでしょう。

今回は、失敗しないコンセント位置の決め方についてご紹介しました。
また、コンセント位置のチェックポイントとコンセント配置のコツについてもご紹介しました。
その他ご質問や相談等ありましたら当社までお気軽にお問い合わせください。

 

SCHOOL BUS(スクールバス空間設計)

▼SHARE

facebookシェア はてぶシェア