リノベーションの様々なメリットとは?注意点も知っておこう

2020/10/3(sat)

 

新居が欲しいと思った時、「新しく家を建てる」「新築物件を購入する」という選択をすることは一般的でした。

ただ最近の流行は上記に加えて、「中古一戸建てを購入してリノベーションする」という選択肢です。

こちらの記事を見られている方の中にはリノベーションに興味があっても詳しいことが分からず踏み出す勇気が持てない…という方も多いでしょう。

そんな方に向けて今回は、リノベーションのさまざまなメリット・デメリットや注意点についてご紹介していきます。

 

 

 

 

リノベーションのメリット

リノベーションのメリットはいくつかあります。

 

自由に設計やカスタマイズをすることが可能

自分の生活スタイルに合わせて空間を作ることができるのが、リノベーションの魅力の一つです。

リノベーションができる物件であれば、間取り・内装・水回り設備・壁や床の材質も自分好みにカスタマイズが可能になります。

内装にこだわりたい・個性を表現したデザインに囲まれて暮らしたいという方はリノベーションをおすすめします。

 

 

価格を抑えて購入ができる

既存の建物の構造を活かしてリノベーションするので、新築住宅と比較して物件購入のコストが下がりやすくなるというのが、リノベーションのメリットです。

中古住宅を購入してリノベーションを行うと、新築住宅を購入するよりも20~30%ほど安くなるという場合もあるのです。

 

 

物件の選択肢が広がる

自分が希望する新築住宅やマンションを見つけるのは難しいもの。

特に都心部では人気が集中するので、なかなか自分の理想の住まいが見つからないことも多いでしょう。

そんな時は新築物件に絞らず、中古の物件も視野に入れて探してみてはいかがでしょうか?

どうしても希望エリア内で見つけたいという方は、中古の物件も検討してみることで物件探しもしやすくなるでしょう。

 

 

 

リノベーションのデメリット

リノベーションにはやはりデメリットもあります。

 

 

耐久性が悪いと費用がかさむ

築年数に注意して、中古住宅やマンションを選ぶのが良いでしょう。

建物の耐震性が現在の法律基準を満たしていない場合もあるためです。

昔は建物の管理が現代のように厳しくなかったので、表面に見えない構造部分で手を抜いて建築している可能性もあるのです。

この場合、リノベーションを行おうとすると耐震改修の工事も併せて必要になるので、安く済むどころか、かえって費用が高くなってしまうこともあります。

不安に感じる方は、専門の会社に耐久性を確認してもらうのが良いでしょう。

 

デザインに制約がかかることも

自由設計が可能なリノベーションですが、建物の構造・マンション規約により、その工事に制約がかかってしまうことがあります。

建築構法の種類の中には壁で建物を支える構法もあります。

この場合、一部分の壁を無くしてリフォームするということはできないのです。

またマンションであれば上下の水道環境に左右されるため、水回りの設備を自由に設置できないケースもあります。

 

 

 

リノベーションの注意点

リノベーションを行う際の注意点をご紹介します。

 

リノベーション向きの物件かチェック

リノベーションをするにあたって、新耐震基準はクリアしているか・制約がかかりそうな構造かなど図面を見ながら確認していきましょう。

メンテナンス・改修を行ってきたかを記録している「住宅履歴情報」を確認することで、建物の劣化を判断することもできます。

 

リノベーション会社を吟味する

施工会社は、リノベーション実績があり自分の希望するデザインを実現できる会社を選びましょう。

リノベーション可能の物件を購入するためには、不動産会社の存在も大切です。

 

 

おわりに

リノベーションのさまざまなメリットやデメリット、注意点についてご紹介しました。

新築物件と比べると、自由度が高く低いコストで抑えられるリノベーションは、近年人気を集めています。

今回ご紹介したメリットや注意点も参考にしながら、後悔することのないようにリノベーションを行いましょう。

 

 

 

SCHOOL BUS|スクールバス空間設計

〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜1丁目5−8

お問い合わせ:06-6205-3733