コンクリート打ちっぱなしにリノベーションするメリット・デメリット

2020/12/4(fri)

 

住宅のリノベーションを行う際、デザイン性の高さや素材のシンプルさから「コンクリート打ちっぱなしの壁にリノベーションしたい」と検討中の方もいるでしょう。

コンクリートの壁にはメリットが多いですが、もちろんデメリットもあります。

今回はコンクリート打ちっぱなしにリノベーションをするメリットとデメリットをご紹介します。

 

 

コンクリート打ちっぱなしにするメリット

コンクリート打ちっぱなしにリノベーションすることでどのようなメリットが得られるのでしょうか?

 

 

広々とした部屋になる

コンクリート打ちっぱなし住宅は、柱で住宅を支える構造の木造建築とは違い、コンクリートの壁面で住宅を支える構造になっています。

柱を一定間隔で建てていく必要がないため、広々とした部屋にリノベーションすることができます。

住宅の間仕切りをできる限り減らしたいという場合には、最適な工法だと言えます。

 

デザイン性が高くおしゃれ

無機質さを感じさせるコンクリート打ちっぱなしは、デザイン性が高くおしゃれな空間になりやすいです。

コンクリートのシンプルさが、モダンでスタイリッシュなイメージを与えてくれます。

都会的な空間デザインにしたいという場合、ぴったりの素材なのではないでしょうか。

 

耐火性に優れている

不燃焼物質であるコンクリートは、1000度近くある高温の炎を1~2時間程度当てても燃えません。

そのためコンクリート打ちっぱなし住宅は、近隣住宅へ飛び火が起きる可能性も低く、住宅間が密になりやすい都心部に建てても比較的防災面の心配が少ないのです。

耐火性に優れていることから火災保険料も安くなります。

耐火性が低いとされる木造住宅の壁と比べてみると、約3分の1の料金となることがメリットとなります。

 

防音性に優れている

住宅の多くで使用されている木材や鉄筋コンクリートに比べて、コンクリート打ちっぱなしの壁は比重が高いことから、防音性にも優れています。

音楽鑑賞や映画鑑賞が趣味だという方にとっては、大きなメリットになるのではないでしょうか。

また隣の部屋の音も遮断されるため、静かな空間を維持することが可能なのです。

 

 

 

コンクリート打ちっぱなしにするデメリット

コンクリート打ちっぱなしにリノベーションすることで生まれるデメリットもあります。

 

定期的にメンテナンスを行う必要がある

コンクリート打ちっぱなしの壁は穴が開いたり、ひびが入ったりしてしまう場合があります。

そのため、コーティング剤を使った定期的なメンテナンスが必要なのです。

目を凝らして見ないと気がつかないほどの小さな穴やひび割れであれば問題ありません。

しかしコンクリートが割れている・大きなひびがあるという場合は、早急にメンテナンスを行うようにしましょう。

マンションである場合は、建物管理を行う会社への連絡後、専門の業者にメンテナンスを依頼する必要があります。

 

結露が発生しやすい

気密性の高いコンクリートは、室内と室外での気温差が生じるため結露が発生しやすいという特徴があります。

吸湿性が無い素材であるコンクリートは、その表面上にカビが生えてしまうケースもあります。

湿気の吸収機能はないに等しいため、窓を頻繁に開けて換気を行う・日頃から風通しを意識する必要があります。

 

 

 

おわりに

 

 

今回はコンクリート打ちっぱなしへとリノベーションをするメリットとデメリットをご紹介しました。

コンクリート打ちっぱなしの壁は無機質でシンプルなことから、都会的でモダンな雰囲気の部屋にしたいという方にはおすすめの素材です。

しかし、同時に「定期的にメンテナンスが必要」「結露が発生しやすい」といったデメリットもあるのです。

今回のメリット・デメリットを踏まえ、理想とする家のスタイルと照らし合わせたうえで、コンクリート打ちっぱなしにするかどうかもう一度検討してみると良いかもしれません。

 

 

 

SCHOOL BUS OSAKA|スクールバス空間設計

〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜1丁目5−8

お問い合わせ:06-6205-3733