新築マンションと中古マンションリノベーション どちらがおすすめ?

2020/8/28(fri)

マンション購入を考えた際に、新築マンションを購入したほうがいいのか。

それとも、中古マンションを購入したほうがいいのか。

どちらにするべきかを悩むという方は多くいらっしゃいます。

こちらの記事では、新築マンションと中古マンションの違いをポイント別にご紹介します。

どちらを購入するかの参考にしてみてください。

 

 

リノベーションマンションって?

 

中古マンションをリノベーションしたマンション。

それが、リノベーションマンションです。

多くの広告が出るため、新築マンションについで目にする機会は多いです。

それもあってか、新築マンションではなくリノベーションマンションを購入するという方は多くいます。

特に近年、人件費や材料費の高騰が続いて新築マンションの価格も高いものが多くなっています。

新築工事のコストが割高になっているため、新築にこだわらず、リノベーションを施した中古マンションを購入するという方が多くなっているのです。

 

 

 

新築マンションと中古マンション 比較してみましょう

 

 

新築マンションと中古マンション。

どちらを購入するべきか。

ポイントごとに見ていきましょう。

 

 

<間取りの自由度で比較>

 

新築マンションの間取り

新築マンションの間取りは、入居前に既に決まっています。

そのため、その自由度は低いといえるでしょう。

フローリングや壁紙が限定的であったり、水回りの設備が制限されたりすることも特徴的です。

一般的に、キッチンやユニットバス・トイレの組み合わせは、いくつかのパターンから決定することになります。

既存の設計がベースにあるため、その自由度はどうしても限定的なものになります。

また、間取りが変更可能なマンションの場合でも、変更の際には追加料金が必要になり割高であることも多いです。

 

中古マンションの間取り

中古マンションをリノベーションする場合、間取りの制限は少ないです。

構造上可能な範囲で、壁を撤去したり水回りを移動させたりすることができます。

※マンションの構造によっては、水回り設備の移動が不可である場合もあります。

規格の制限も特にないので、キッチンやトイレの設備を自由に選ぶことができます。

 

<価格で比較>

新築マンションと中古マンションの価格を比較した場合、物件にもよりますがだいたいの場合は中古マンションのほうが新築マンションよりも安いです。

特に、築年数が長い物件ほど、価格が安い傾向にあります。

中古マンションの購入費用とリノベーション費用を足しても、新築マンションの購入費用より安くなるということは少なくありません。

このように、価格面から中古マンションを購入しリノベーションをするという方は多くいらっしゃいます。

 

<立地で比較>

 

新築マンションの立地

長年のマンション開発により、駅前周辺の空き地は減っています。

そのため、新築マンションの立地は駅前から遠ざかる傾向にあります。

このような理由で、駅前の新築マンションを購入しようとすると非常に高値で購入することになります。

 

中古マンションの立地

中古マンションは、過去に好立地に建てられた物件が多く存在します。

その中から選ぶため、好立地の物件を購入できる可能性は低くありません。

安価で好立地の物件を手に入れられることもあります。

 

 

おわりに

新築マンションと中古マンションのリノベーションをそれぞれのポイントで比較しました。

購入される方がどのような要素を優先するかにもよりますが、「間取りの自由度」「価格」「立地」の面から考えると中古マンションを購入しリノベーションをすることがおすすめです。

新築マンションの購入でなければ絶対にいけないという場合を除いて、まずは中古マンションを購入することも、検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

SCHOOL BUS|スクールバス空間設計

〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜1丁目5−8

お問い合わせ:06-6205-3733