リノベーションで耳にするテイストとは?種類も併せてご紹介

2020/8/28(fri)

 

リノベーションをするときに、重要なのがデザインのテイストです。

和風にしたい、シックなデザインにしたい。

様々な要望があるでしょう。

実現したいテイストが明確であればあるほど、満足のいくリノベーションをすることができます。

テイストにはどのような種類があるのかを見ていきましょう。

 

 

リノベーションの「テイスト」とは

 

リノベーション後、住宅をどのような空間にするのか。

テイスト選びは、住宅設計において、極めて重要です。

建具の種類、壁の色などを決める際の基準にもなります。

テイストにはどのような種類があるのかを見ていきましょう。

 

<ナチュラルテイスト>

自然のぬくもりを感じることのできるナチュラルテイストは、人気がある種類の一つです。

流行に左右されにくく、各年代で愛され、選ばれています。

白を基調とした空間。

木目を生かしたソフトなカラーのフローリングや家具。

これらの組み合わせにより、万人に好まれる自然で明るいテイストにすることができるのです。

 

<モダンテイスト>

スタイリッシュかつシンプルなモダンタイプ。

生活感をださない洗練されたイメージを実現することができます。

モダンテイストには、以下のようなタイプがあります。

 

<モノトーン>

モダンテイストは、モノトーンを選ぶことが多いです。

黒・白・グレーなどの無彩色を使用することで、無機質で生活感をださないテイストにすることができます。

白をベースに差し色として黒を取り入れることが多いですが、赤や黄色・青色などのはっきりとした色を一部でアクセントとして取り入れるのも良いでしょう。

 

<イタリアモダン>

イタリアをイメージさせる前衛的で大胆なデザインや主張の強い色味を多用するのが、イタリアモダンです。

洗練されたデザインでありながら、実用性にも優れているということで、好んでこのテイストを選ばれる方も多くいます。

高級家具が多いというのも、イタリアモダンの特徴なので、富裕層の方がこのテイストを選ぶことも多いです。

 

<和モダン>

和のデザインと欧米のモダンスタイルを組み合わせたデザインテイストが、和モダンです。

モダンテイストのスタイリッシュさと、和風テイストのあたたかさの両立が特徴です。

現代の生活様式の中に和を取り入れることができるため、和風のテイストも洋風のテイストも取り入れたいという方に人気があります。

 

<カントリーテイスト>

田舎暮らしをイメージしたシンプルで落ち着きのあるデザインがカントリーテイストです。

カントリーテイストでは木製のものを多用し、自然に囲まれた暮らしをイメージしたようなインテリアにします。

カントリーテイストには下記のような種類があります。

 

<アメリカンカントリー>

アメリカ開拓時代をイメージしたテイストが、アメリカンカントリーテイストです。

当時のアメリカでよく使用されていたパイン材を使うことが多いです。

 

<ブリティッシュカントリー>

イギリスの田舎をイメージしたカントリーテイストが、ブリティッシュカントリーです。

ヨーロッパ風のデザインが取り入れられるため、土壁やタイル・木の梁などもよく使用されます。

 

<アジアンテイスト>

アジア地域の住まいの雰囲気を再現したのが、アジアンテイストです。

アジアンテイストには、たとえば「バリテイスト」や「アジアンモダン」があります。

 

<バリテイスト>

インドネシアのバリ島風のデザインテイストが、バリテイストです。

まるで、バリのリゾートホテルのような開放感や高級感があります。

 

<アジアンモダン>

アジアンモダンテイストでは、東南アジアや東アジアのオリエンタル要素をモダンテイストに取り入れます。

洗練されたアジアンリゾートをイメージさせる、高級感のあるデザインが特徴です。

 

おわりに

リノベーションで実際に使用することのあるデザインテイストについてご紹介しました。

テイストは無数にあり、こちらの記事でご紹介したものもあくまでその一部です。

満足のいくリノベーションを実現するために、どのようなテイストにしたいのかを事前にしっかりとイメージしておきましょう。

 

 

 

SCHOOL BUS|スクールバス空間設計

〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜1丁目5−8

お問い合わせ:06-6205-3733