断熱リノベーションとは?断熱の優先順位もご紹介

2020/10/3(sat)

自宅で快適に過ごすには、冬は暖かく、夏は涼しく過ごせるようにするのが一番です。

どうすればそんな快適な家をつくることができるのかとお考えの方も多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのが、健康・環境どちらにも利点のある断熱リノベーションです。

今回は断熱リノベーションについて、断熱の優先順位と併せてご紹介します。

 

 

 

断熱リノベーションとは?

一戸建てやマンションの断熱性能をあげるために行うリノベーション工事のことを「断熱リノベーション」と言います。

「新たな断熱材を外側に設置する」・「劣化した断熱材の交換をする」ことなどにより、部屋の断熱性能を高めます。

断熱リノベーションは基本的には住宅の内側の工事になるため、住宅の見た目に影響はありません。

 

断熱性を高めることは大切

部屋の断熱がきちんと行われていないと結露が生じてしまい、カビ・部材の腐食の原因となってしまいます。

また外の寒さ・暑さが住宅内にダイレクトに影響し、住宅内の快適性を下げてしまううえ、空調効果を生かせない部屋の状態になってしまうこともあります。

そのため断熱性を高める断熱リノベーションは、健康面・快適性・コスト面から考えてもメリットの多いリノベーション工事なのです。

 

 

 

断熱リノベーションの優先順位

 

断熱リノベーションは壁・床・窓・天井などの全ての場所に施すのが一番効果的ではあります。

ただそれら全てを行うとどうしてもコストがかさんでしまうため優先順位を決めて行うのが良いでしょう。

下記で断熱リノベーションの優先順位をご紹介します。

 

断熱リノベーションの優先順位1位 <窓断熱>

冬場の暖房熱が流出する場所の割合として、約6割もの熱が窓から流れていると言われています。

夏場の冷房をきかせた部屋でも同様に、約7割もの熱が窓から入ってくるのです。

つまり、窓は断熱リノベーションを施すことで半分以上の熱の出入りを防ぐことができ、断熱効率が一番良い場所にあたるのです。

また窓の断熱リノベーションは、他の場所に比べて安く取り入れることができます。

断熱効率も良く費用も低価格の窓断熱は、コスト面から考えても一番おすすめだと言えます。

 

断熱リノベーションの優先順位2位~4位

断熱において最も優先順位が高いのは「窓断熱」ですが、その次に優先順位が高い箇所は「壁」です。

その次に、3位「天井・屋根」、4位「床」と続いていきます。

ただ、これは夏に関してです。

夏の熱侵入と冬の熱損失とでは、断熱リノベーションの優先順位が変わってきますので注意が必要です。

冬は、3位「床」4位「天井・屋根」という優先順位になります。

 

 

 

番外編 マンションにおいての断熱対策

 

マンションにおいての断熱対策で気にしておくべきところはどういったところなのでしょうか?

窓断熱をベースに考え、部屋別に付け加えると良い断熱箇所を挙げてみました。

まず最上階に住んでいる場合の熱の出入りは、窓に加えて天井からの出入りも多くなるため、「窓+天井」の断熱リノベーションを行うと良いでしょう。

角部屋に住んでいる場合は、2つの方向が外の空気と面しているため、他の部屋と比較しても壁から熱の影響を受けやすい構造になっています。

そのため「窓+壁」の断熱リノベーションを行うのがおすすめです。

ほかにも、外の空気に面している壁のみに断熱材を入れるのも良いでしょう。

1階部屋に住んでいる場合は直接地面と接しているので、特に冬場になると底冷えを感じるということが多いです。

この場合、床に断熱の仕様を施すことで室温を快適にすることが可能になります。

1階に住んでいる方は「窓+床」の断熱リノベーションを検討してみると良いでしょう。

 

 

おわりに

今回は、断熱リノベーションについて、断熱の優先順位と併せてご紹介しました。

断熱リノベーションを施す場所はさまざまで、全てを断熱式に変えることは難しいでしょう。

そのため、上記の内容を参考にしながら自分の住まいに合った箇所の断熱リノベーションを施してください。

断熱リノベーションを行うことで、家全体のリノベーションを見直すきっかけになります。

いろんな場所が目に付くようになり、全体的にリノベーションしたいと感じた際には、全てを解体・撤去できる「スケルトンリノベーション」を検討してみるというのも良いのではないでしょうか?

 

 

 

SCHOOL BUS KYOTO|スクールバス空間設計

〒604-0907 京都府京都市中京区大文字町244

お問い合わせ:075-406-5591