意外と知らない?フルリノベーションについてご紹介

2020/8/9(sun)

 

今の住まいをさらに良く快適にするリノベーション。

その中でも、特にフルリノベーションについてご紹介します。

 

 

フルリノベーションとは

住まい全体をリノベーションするのが、「フルリノベーション」です。

構造体だけを残して、スケルトンにするスケルトンリノベーションもフルリノベーションの一つです。

わざわざ、フルリノベーションだけ、他と分けて呼ぶのには理由があります。

それは、他とは規模が大きく変わり、リノベーションを終えた後には「これが同じ家?」と思うくらいに変わることもあるほど大きくつくりかえるのがフルリノベーションだからです。

 

リノベーションの種類

リノベーションは、規模によって「S・M・L」に分かれます。

S:バスタブを交換する、便器を交換するなどの設備交換など

M:キッチンをオープンに、和室を洋室に、など一つの空間・一室をつくりかえるリノベーション

L:二世帯住宅にする、家全体の間取りを大きく変えるなどの大規模リノベーション

 

この、「L」のリノベーションのことを、フルリノベーションというのです。

 

 

フルリノベーションをするメリット

 

大規模なリノベーションをすることにはどんなメリットがあるのでしょうか?

以下で見ていきましょう。

 

建て替えよりも低コスト

フルリノベーションとよく比較されるのは、建て替えです。

一から建て替えをした場合も、フルリノベーション同様、住居を大きく変更することができるでしょう。

ただ、一からの建て替えをすると、費用は大きくかかってしまいます。

フルリノベーションであれば、もとの住居はそのまま大規模なリノベーションを行うことになるので、比較的低コストで行うことができるのです。

 

間取りを大胆に変えることができる

長く生活していく中では、同居される方の増減・自分や家族の高齢化など様々なライフステージの変化があります。

ライフステージに大きな変化が起きることで、間取りを大きく変えたほうが良くなることもあるでしょう。

また、中古住宅を買いたいけれど、自分や家族にとって理想的な間取りではない。

もっとこうしたい・あとここだけこうだったらなあ。

そんな風に考えることもあるでしょう。

そんなときには、ぜひともフルリノベーションをするようにしましょう。

 

理想通りのデザインを実現することができる

SやMのリノベーションではそこまで大きくデザインは変わりません。

ですが、フルリノベーションであれば、屋内のデザインをガラッと変えることも可能になります。

 

 

フルリノベーションをするデメリット

フルリノベーションをすることには、メリットだけでしょうか?

いえ、もちろんデメリットもあります。

フルリノベーションをするうえでは、デメリットに関しても理解しておいたほうが良いでしょう。

フルリノベーションをすることのデメリットは一つ。

時間と費用がかかることです。

フルリノベーションは住まいを大きくつくりかえるため、一日二日・数十万円で作業をするというわけにはいきません。

プランニングにもしっかりと時間をかけ、その後一定期間工事をする必要があります。

おおよそですが、プランニングと工事を合わせて、半年ほどの時間がかかると考えておくようにしましょう。

また、どのようなフルリノベーションをするのかにもよりますが、やはり小規模なリノベーションと比べると、それなりにまとまった金額が必要になります。

リノベーションをしてもらう業者としっかり話し合い、予算の面でも内容の面でも納得のいくリノベーションを行いましょう。

 

 

おわりに

フルリノベーションと一般的なリノベーションの違い。

フルリノベーションをすることのメリット・デメリットについてご説明しました。

フルリノベーションをすることで、いままでの住居が全く新しい住まいに生まれ変わります。

中古住宅を購入される方・ライフステージの変化があった方は、ぜひフルリノベーションを検討してみましょう。

 

 

SCHOOL BUS KYOTO|スクールバス空間設計

〒604-0907 京都府京都市中京区大文字町244

お問い合わせ:075-406-5591