事前準備が大切!リノベーションで事前に決めておくこととは?

2020/8/28(fri)

近年、自分のライフスタイルに合った住空間を求めて、中古マンションを購入・リノベーションされる方が多くなっています。

新築マンションを購入するより自分好みの住宅を安く購入することもできるので、非常に人気が高い選択肢になっています。

ただ、それには事前準備が大切です。

中古マンションをリノベーションするうえで事前に決めておくべきことを、こちらの記事でご紹介していきます。

 

 

 

リノベーション事前準備1. 予算

これから中古マンションを購入する場合、複数の物件を確認し大まかな購入予算を決めておきましょう。

また、ローンの利用を考えている場合は、金融機関に相談して与信枠も知っておくと予算を立てやすくなるでしょう。

そこから逆算し、リノベーションにどれくらいの予算を使うのかも考えておきましょう。

予算を立てる際に、もう一つ考えておきたいのが「リノベーション期間中の住居費」です。

リノベーションが終わるまでは、その物件に住むことができません。

その間、別の住居の家賃や引っ越しのための費用も必要になります。

これらの費用は、ローンで賄うことはできないため、自己資金として用意しておく必要があります。

 

 

 

リノベーション事前準備2. リノベーションの優先順位

予算が決まれば、次にリノベーションの優先順位について考えましょう。

リノベーション工事にかけることのできる予算のなかでは、すべての希望が叶わないかもしれません。

その場合、どのリノベーションを行い、どのリノベーションを行わないかを決める必要があります。

一つずつ優先順位をしっかりと決めておき、諦めなければならない内容があれば優先順位の低いものから妥協していくようにしましょう。

逆に、優先順位の高いものは必ず残すようにしておきましょう。

優先順位を事前に決めておかなければ、工事途中で追加工事費がかかってしまう場合もあります。

優先順位は必ず、事前にしっかりと決めておくようにしましょう。

 

 

 

リノベーション事前準備3. 物件のイメージ

中古マンションを購入する前には、物件の条件を明確にイメージしておきましょう。

マンションには、立地・日当たり・セキュリティ・占有面積・築年数・周辺環境など様々な条件があります。

ライフスタイルによって、優先する条件は違います。

リノベーションだけではどうにもならない物件の特性もあるものです。

そのため、リノベーションを成功させるためには物件探しの段階から条件をしっかりと決めておく必要があります。

 

 

 

 

リノベーション事前準備4. リノベーション後のイメージ

リノベーション後のトラブルとしては、事前に思い描いていたイメージと実際のリノベーション後の状態が違うということです。

こうしたトラブルを防ぐためには、事前にイメージをできる限り具体的にしておくことが重要です。

リノベーション後のマンションでどのように暮らしていきたいのか。

そのライフスタイルをもとに明確にイメージを持っておきましょう。

イメージが明確になれば、そのイメージをリノベーション業者と齟齬なく共有できるように、雑誌の切り抜きなどを参考にして、できるだけ近いビジュアル資料を渡しておくようにしましょう。

この際、ビジュアル資料とイメージに違いがある場合、どのように違うのかもしっかりと伝えておきましょう。

 

 

おわりに

中古マンションをリノベーションする上で、事前に決めておくべきポイントについてご説明しました。

これらの内容を事前にしっかりと決めておくことで、リノベーションが成功する確率は大きく上がります。

リノベーション成功にはプランニングが最も大事だと言われることも少なくありません。

満足いくリノベーションができるよう、事前準備はしっかりと行うようにしましょう。

 

 

 

SCHOOL BUS KYOTO|スクールバス空間設計

〒604-0907 京都府京都市中京区大文字町244

お問い合わせ:075-406-5591