リノベーションをおしゃれにしたい方必見!ポイントをおさえよう!

2020/7/21(tue)

おしゃれなリノベーションをするには、どんなことに気をつければいいでしょうか?

おしゃれにリノベーションをする上でおさえておきたいポイントについて、ご紹介します。

 

リノベーションをおしゃれにするポイント1 配色

ベースカラー、アクセントカラー、アソートカラー。

この3つの色の調和に気をつけると、ぐっとおしゃれになります。

ベースカラーは壁や床の色、アクセントカラーは小物や雑貨に使う色、アソートカラーは家具やカーテンに使う色。

この3色のバランスは、「7:0.5:2.5」です。

このバランスを守ることで、とてもおしゃれになります。

また、この3色は基本的に同系色・類似色や同一トーンで統一するようにしましょう。

 

※1.同系色

ブルー系、グリーン系など明るさの違う同じ色相の色のことです。

同系色の色同士を組み合わせることで、空間の調和をとることができます。

 

※2.類似色

寒色系・暖色系などの色味のことを類似色と言います。

類似色で統一すると、部屋の雰囲気は安心感のあるものになります。

 

※3.同一トーン

色相の異なる同じ明るさの色を同一トーンと言います。

ポイントとしては同一トーンの色同士を組み合わせることで、複数の色を使ってもまとまりのある部屋に仕上げることができます。

 

リノベーションをおしゃれにするポイント2 床や壁にこだわる

壁紙や床の色にこだわってみましょう。

壁紙のスタンダードカラーは白ですが、近年では白にこだわらず様々な壁紙が用意されています。

寒色系を用いて爽やかな雰囲気の部屋にしたり、暖色系を用いて温かみのある部屋にしたりしてみてもいいでしょう。

色だけでなく、アクセントクロスを利用することもおすすめです。

アクセントクロスとは、部屋のアクセントとなるように、一部だけ違うクロスを貼ることです。

このアクセントクロスを使うことによって部屋の雰囲気がガラッと変わり、おしゃれに見えます。

壁紙ではなくタイルや壁材を使ってみるのもよいでしょう。

玄関やリビングの一部の壁材をエコカラットにすることで、高級感を出すことができるのです。

床材の色も様々なものがあります。

シックなものからナチュラルテイストのものまで。

人の視線がよくいきやすい場所であるだけに、空間の雰囲気を大きく左右します。

どのようなイメージの部屋にしたいのかを考え、床材を選ぶようにしましょう。

床材を選ぶときには、ドアや窓枠の色ともそろえるようにしましょう。

そうすることで調和のある部屋にすることができます。

 

リノベーションをおしゃれにするポイント3 間取り

部屋の間取りを決めるときに機能だけで決めるのはもったいないです。

生活動線や居住人数に応じた部屋割りももちろん大事ですが、おしゃれにリノベーションすることもとても大事です。

間仕切りをなくし開放的になる空間をつくったり、吹き抜けをつくったりすることもできます。

せっかくリノベーションをするからには、おしゃれな間取りにもこだわりましょう。

 

リノベーションをする際に注意すること

設計図

おしゃれにリノベーションをしようとして、思ったよりも費用がかかってしまうことがあります。

もちろん、リノベーション会社の方も予算に応じた提案をしてくれますが、要望が多くなるとどうしても高くなってしまうことはあります。

そういう場合は、無理に内容を省くのではなく、より安く同じ内容を実現することができないかをリノベーション会社に相談するようにしましょう。

リノベーション会社はプロですので、選択肢をいくつか持っていることも多いのです。

 

おわりに

おしゃれにリノベーションをするのであれば、間取りや床・壁の配色や素材などに気を使いましょう。

毎日生活する自宅。

リノベーションの際に、見た目もおしゃれにすることで、日々の生活がより豊かなものになるでしょう。

 

 

 

SCHOOL BUS KYOTO|スクールバス空間設計

〒604-0907 京都府京都市中京区大文字町244

お問い合わせ:075-406-5591