洗面所をリノベーションして快適な空間に!

2021/6/14(mon)

「洗面所をリノベーションしたい…」とお考えの方も多いのではないでしょうか?

今回は洗面所のリノベーションについて、リノベーションのポイントや動線に関する注意点をご紹介していきます。

 

 

 

【洗面所】リノベーションのポイントについて

洗面所のリノベーションを行う際のポイントについてご紹介していきます。

 

洗面台タイプの選択

 

洗面台のタイプにはいくつかの種類があり、「ユニットタイプ」「システムタイプ」「造作洗面台」といった3つのタイプに分けることができます。

「ユニットタイプ」とは間口がメーカーによって大きく異なり、水栓・洗面ボウルに加えて照明や鏡もセットになっているタイプを指します。

「システムタイプ」とはセミオーダー式なのが特徴で、水栓・洗面ボウルなどを自分の好みのものに指定することができるタイプを指します。

「造作洗面台」とはすべてオーダーメイドで完全に一からオリジナルのものを製作していくタイプを指します。

メーカーから販売されている「ユニットタイプ」「システムタイプ」の洗面台は、収納場所も豊富にあり、メンテナンスが行いやすいという点がメリットとして挙げられます。

もし販売されている既製品の洗面台で気に入るタイプのものが無い場合は、「造作洗面台」を製作するという選択肢も加えてみると良いかもしれません。

 

使いやすい高さ・幅のカウンターにする

洗面所のリノベーションを行う際は、現在の洗面台サイズに合わせる形でリノベーションを行う必要があります。

カウンターは60cm・75cm・90cmといった幅が主流となっていますが、この3つ以外にもサイズは展開されています。

現在のものより広くカウンター面積をとりたいという場合、間口を広めに確保しておくのもおすすめです。

また、洗面カウンターの高さとしては80cmが一般的です。

 

収納可能量や収納タイプの選択

家族で住んでいる場合、洗面所には家族それぞれのさまざまなアイテムがそろえられているかと思います。

ドライヤーやタオルに加えて歯ブラシや洗濯洗剤、スキンケアアイテムなどが置かれているのではないでしょうか?

洗面所は収納するものが多くなりがちなため、収納可能量・収納タイプを選ぶ際には「何をどの場所に収納するか」のイメージを膨らませることが大切です。

 

洗面所の内装や洗面台の素材・色味を選ぶ

洗面所の内装はどのようにするのかも考えていきましょう。

また、近年では各メーカーからさまざまなタイプの洗面台が販売されているため、洗面台も部屋のスタイルに合った素材・色味を選ぶことができます。

 

 

【洗面所のリノベーション】動線に注意!

 

洗面所のリノベーションをする際の注意点として「洗面所までの動線に注意する」ということが挙げられます。

リノベーション前の洗面台と同じタイプやサイズのものに交換するだけであれば問題ありませんが、洗面台サイズ・設置位置の変更を行う場合は「洗面所までの動線に注意する」必要があります。

洗面所の面積は限られていることが多いため、サイズや設置位置がほんの少し変わっただけでも「使いやすさ・使いにくさ」に直接的に影響してきます。

「洗面所の前に立つと、その後ろを人が通ることができない」「洗面所が大きすぎて、脱衣所スペースが狭まった」など思いもよらぬ不都合につながることもあります。

 

 

おわりに

今回は洗面所のリノベーションについて、リノベーションのポイントや動線に関する注意点をご紹介しました。

家族が多く使いにくいと感じていた洗面所をリノベーションすることで、親子で使えるようなスペースの広い洗面所に生まれ変わらせることができます。

またリノベーションの際には、洗面所までの動線に関して充分注意するようにしてください。

 

 

 

SCHOOL BUS KOBE|スクールバス空間設計

〒650-0024 兵庫県神戸市中央区海岸通4-5-16

お問い合わせ:078-599-6170

▼スクールバス神戸でリノベーションをお考えの方はこちら

スクールバス神戸のエリアページはこちら

▼スクールバス神戸で開催のイベントスケジュールはこちら

スクールバス神戸で開催のイベントスケジュールはこちら