味わい深い足場材を使ったリノベーション 神戸市の実例もご紹介

2021/6/14(mon)

「足場材」という言葉を聞いたことはありますか?

近年、この足場材を使ったリノベーションが注目を集めてきています。

その魅力とはどのようなポイントにあるのでしょうか?

今回は味わい深い足場材を使ったリノベーションの内容について、神戸市の実例も併せてご紹介していきます。

 

 

 

 

足場材を使ったリノベーションとは?

新築のような新しい内装は魅力的ですが、最近では使い古されたヴィンテージ感漂う内装に仕上げるスタイルが注目されています。

その材料の一つとして「足場板」が挙げられます。

 

そもそも「足場材」って?

そもそも「足場材」とは、工事現場で高い建物の作業を行う際に足場として使われていた板材のことを指します。

雨に当たったり土足で踏まれたりしているため汚れが付いていることはもちろん、板材表面には細かな傷や塗料による汚れが無数に付いています。

 

もともと足場材は捨てられていた

足場材はあくまでも作業用の板材であったため、強度が落ちると捨てられることが一般的でした。

高所作業の際の足場として使用することから、その強度が落ちると危険が伴うためです。

また傷はもちろんペンキ汚れもひどく付いていることから使い道が無く、捨てられるしかなかったのです。

しかし最近では「この使い込まれて古びた風合いが味わい深い」ということで、リノベーションの素材として用いられることが増えてきています。

 

 

 

足場材を使ったリノベーション法

足場材を使ったリノベーション法をいくつかご紹介していきます。

 

フローリングの床材として

足場材は強度が高いため、フローリングの床材として活用することができます。

引っ掻かれた傷・飛び散ったペンキ汚れなどは新品の床材には無い味わいがあり、部屋の床に取り入れると一気にヴィンテージ感漂う空間に仕上がります。

 

棚板として

足場材一枚をそのまま棚版として活用する方法もあります。

足場材を用いることでヴィンテージ感が漂うため、周りにタイルを貼るなどレトロな雰囲気にまとめてみるのもおすすめです。

 

アクセントウォールとして

足場材を壁に取り入れ、「アクセントウォール」としてインパクトのある壁にリノベーションすることもできます。

アクセントウォールとは、シンプルな部屋の中でもアクセントになる壁を意味します。

使い古された足場板は木材特有のぬくもり・重厚感が増すため、壁に取り入れることで部屋の家具にも深みを出すことができるでしょう。

 

 

神戸市の実例をご紹介

神戸市の足場材を使ったリノベーション実例をご紹介します。

 

詳細情報

地域:兵庫県神戸市

家族構成:ご夫婦・お子様1人・ペット(犬)

間取り:2LDK

物件種別:中古戸建てリノベーション

工期:2ヶ月

 

施工ポイント

キッチンまでずどんとひとつながりの1Fは斜めに張った足場板の床が印象的。

壁や天井は、DIYで自ら塗装しました。

足場板に散らばったペンキも、思い出のひとつに。

アメリカン雑貨がたくさん飾られたインテリアはまるでショップのような開放的空間になりました。

 

 

おわりに

今回は味わい深い足場材を使ったリノベーションの内容について、神戸市の実例も併せてご紹介しました。

主に工事現場で作業を行う際に使われる「足場材」。

そんな足場材は新品の板材には無い魅力を多く持ち合わせています。

「ヴィンテージ風に部屋をリノベーションしたい」という方は、味わい深い足場材を使ったリノベーションを検討してみてはいかがでしょうか?

 

神戸市の実例詳細ページはこちら→

https://www.school-bus.jp/gallery/19

 

 

 

SCHOOL BUS KOBE|スクールバス空間設計

〒650-0024 兵庫県神戸市中央区海岸通4-5-16

お問い合わせ:078-599-6170

▼スクールバス神戸でリノベーションをお考えの方はこちら

スクールバス神戸のエリアページはこちら

▼スクールバス神戸で開催のイベントスケジュールはこちら

スクールバス神戸で開催のイベントスケジュールはこちら