3人家族は3LDKが良い?部屋割りや間取りのポイントをご紹介!

2022/7/1(fri)

「3人家族の場合には3LDKでよいのだろうか」
「部屋割りはどうしたらよいか」
このようないお悩みをお持ちの方は少なくありません。
そこで今回は、3人家族におすすめの間取りの使い方と、間取りを決める際のポイントを紹介します。
ぜひ参考にしてくださいね。

 

□3人家族なら何LDK?間取りの使い方をご紹介!

ここでは、3人家族が1LDK、2LDK、3LDK、4LDK5LDKのそれぞれに住む場合の間取りの使い方を紹介します。
ご自分がどのような暮らしをしたいのか、イメージしながら考えてみてください。

 

*1LDK

1LDKは、一人暮らしの方や同棲をしているカップルに人気です。
一番のメリットは、掃除や移動の負担が少ないことでしょう。
また、お子さんが小さいうちは子供部屋を必要ありませんし、寝室も夫婦と同質の方が安心でしょう。
ただし、長期的に暮らす場所としては不向きと言えます。

 

*2LDK

2LDKの間取りは、2部屋とリビング、ダイニング、キッチンで構成されます。
この場合におすすめなのは、2つある部屋をお子さんが小さいうちは2つの寝室として使ったり、書斎や収納部屋として使ったりして、お子さんが成長したときに1部屋を子供部屋に切り替えるといった使い方です。
長期的に考えても、部屋を余すことなく有効活用できるという点で人気です。

 

*3LDK

3人家族の場合、3LDKを選ばれる方は多いです。
メリットとしては、将来的に子供が増えても部屋が足りることと、プライベートな空間を十分に確保できることでしょう。
3部屋とリビング、ダイニング、キッチンという構成の間取りのため、3部屋はすべて洋室にするケースと1室を和室にするケースがあります。

2LDKよりもゆとりのある家を希望される方にはおすすめです。

 

*4LDK

戸建て住宅の建築をお考えの方に一番支持されているのが、4LDKです。
夫婦それぞれの部屋が欲しい方や、2人目以降のお子さまをお考えの方に最適でしょう。
また、和室や書斎等の趣味の部屋や客間が欲しい方や、ものが多く収納部屋を確保したい方にも選ばれます。
そのため洋室3部屋+和室1部屋で4部屋のパターンの方が多いです。

 

*5LDK

5LDKを選ぶ方に多いのが、ご両親との同居を見越しているケースです。
部屋数が多いため、ご両親と同居するまでの期間にも部屋の活用の自由度が高いのがポイントです。
お子さんが小さいうちは部屋が余ってしまいもったいなく感じてしまうかもしれませんが、のちのちリノベーションする場合と比べると費用が押さえられる可能性があります。

今回は1LDK、2LDK、3LDK、4LDK、5LDKのそれぞれの特徴をお伝えしました。
それぞれメリットとデメリット、向いてる家族構成やライフスタイルがあるため、広い視野で検討していくことをおすすめします。

 

□部屋割りや間取りを決める際のポイントをご紹介!

続いては、実際に部屋割りや間取りを決める際のポイントを次の3つの観点に分けて紹介していきます。

・夫婦の寝室について
・子供部屋について
・荷物の量や来客について

まず、夫婦の寝室についてです。

夫婦の寝室を2人で1つにするか、それぞれ専用の寝室を用意するかは間取りを考えるうえで早めに決めたい要素です。
個室が必要な場合、2LDK以上になりますが、1SLDKという選択肢もあります。
Sは「サービスルーム」のことで、寝室とは別に2~3畳ぐらいのスペースが用意されている間取りです。
サービスルームは収納スペースとして、空間を有効に活用できます。

次に、子供部屋についてです。
子供部屋の間取りを考える際には、2つのポイントを考慮しましょう。

1つ目は、子供部屋が必要な期間です。
子供部屋を用意するのは、お子さんが小学校高学年になったあたりが一般的です。
そして独り立ちするのが高校卒業か大学卒業のタイミングだとした場合、10年程度の間に子供部屋が必要になるでしょう。

2つ目は、新たに子どもを設ける可能性があるかです。
同じ3人家族でも、今後兄弟姉妹が増える可能性があるか否かで適切な間取りは異なります。
お子さんが小さいうちは、兄弟が同じ子供部屋でも良いですが、大きくなってからはそうもいかないでしょう。
新たに子どもを設ける可能性があるなら、それを考慮して2LDK以上の間取りを選択するのもおすすめです。

最後に、荷物の量や来客についてです。
荷物が多かったり、来客が多いご家庭は部屋が多い方が良いでしょう。
部屋数が多いと、収納スペースがなくて困る、ご両親が来たときに泊める部屋がなくて困るということもありません。

今回は、3人家族で住む場合には何LDKが良いのかと、間取りを決める際のポイントをお伝えしました。
ぜひ参考にして、後悔のない家づくりにお役立てください。
マイホームをお考えの方には、家づくりの自由度が高い中古住宅のリノベーションがおすすめです。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にご相談ください。

 

 

SCHOOL BUS(スクールバス空間設計)

▼SHARE

facebookシェア はてぶシェア