3LDKマンションで4人家族にとって快適な間取りやレイアウトは?

2022/6/10(fri)

3LDKマンションのリノベーションをお考えの方の中には、4人家族に快適な間取りやレイアウトが気になる方は多いでしょう。
そこで今回は、4人家族に選ばれている人気の間取りと、マンションで2LDKから3LDKにリノベーションする際のポイント、子ども部屋の使い方についてお伝えします。
ぜひ参考にしてください。

 

□4人家族に人気の間取りをご紹介!

ここでは、4人家族に人気の間取りをランキング形式でお伝えします。

1位は、3LDKです。
調査によると、2LDKにサービスルームを含めた間取りも3LDKと考えると、4人家族では3LDKを選ぶケースがほとんどです。
理由のひとつには、マンションには3LDKの間取りが最も多く、そもそも3LDKしかなかったという可能性もあります。

3LDKのメリットは、4LDKに比べて購入価格が低いことです。
裕福な家庭でなくても、無理のない返済計画が立てやすいことが特徴に挙げられます。
一方、デメリットとしては、部屋をすべて使ってしまいやすく、客間や収納部屋が確保しにくいことでしょう。

2位は、4LDKです。
夫婦それぞれの寝室が欲しい場合や、お子さんそれぞれに子供部屋を用意したい場合に人気の間取りです。
また、書斎や趣味の部屋、客間など、特別な用途の部屋を作りやすいことも選ばれる理由です。

4LDKのメリットは、比較的共同スペースが広いことです。
一方、購入価格が高い点や、面積が広く維持費用が高くなりやすいことがデメリットと言えます。

3位は、2LDKです。
コンパクトな暮らしを求める方や、将来実家に帰る予定がある方も2LDKを選ばれます。
4人家族にとっては狭いと感じる方もいるかもしれませんが、購入価格と維持費用が抑えられるため、教育費などをしっかり確保したい方にとってメリットでしょう。
ただし、お子さんが増えたりご両親と同居することになったりした場合や、ものが増えた場合に手狭になる可能性が高いです。

 

□マンションで2LDKから3LDKにリノベーションする場合のポイントをご紹介!

ここではリノベーションで2LDKの間取りから3LDKの間取りに変更することをお考えの方向けに、ポイントを3つ紹介します。

1つ目は、将来を見据えてライフスタイルを意識することです。
2LDKの広さのまま3LDKにリノベーションするため、1つ1つの部屋は狭くなります。
そのため、将来を見据えて必要なリノベーションか検討することを忘れてはいけません。

例えば、お子さんが2人いると、成長に合わせてそれぞれの部屋が必要になるケースは少なくありません。
ただし、お子さんが独り立ちをしたら子供部屋が2つある必要はありません。
夫婦2人得住む場合に空いた部屋をどう活用するのか考えましょう。

2つ目は、部屋ごとの用途を考えることです。
部屋数が増えるため、それぞれの用途をはっきりさせておかないと、リノベーションしてから余ってしまう可能性もあります。
それではもったいないですよね。
ご家族のライフスタイルや生活動線窓考慮して、実際に生活するシーンをしっかりイメージしましょう。

3つ目は、予算を確認することです。
リノベーションにおいて、予算オーバーは後悔する理由になりやすいです。
このことには、リフォームローンが住宅ローンよりも金利が高くなることも関係しています。
予算が固まったら、希望の条件に優先順位をつけ、必要性をしっかり吟味していきましょう。

 

□子供部屋のレイアウトのポイントをご紹介!

4人家族の家づくりにおいて欠かせないのが子供部屋です。
子供部屋を快適にするには、レイアウトがポイントになります。
ここでは具体的に3つのポイントを紹介します。

1つ目は、学習机の位置から決めることです。
子供部屋は、宿題や受験勉強をする部屋として利用することが多いです。
そのため、学習机の位置は重要です。
目に入るところにおもちゃやゲームが置いてあると集中しにくいため、部屋の角に学習机を設置するのがおすすめです。

2つ目は、収納棚は片付けのしやすさと高くしすぎないことを意識することです。
お子さんが自分で整理整頓できるようになってほしい、とお考えの親御さんは多いでしょう。
そのために大切なのが、収納棚は一か所にまとめ、身長に合わせた高すぎないものを選ぶことです。

3つ目は、2人部屋にする場合には間仕切りを工夫することです。
兄弟で一つの部屋を使うケースでは、お子さんのプライバシーを大切にしましょう。
家具やカーテンを使って間仕切りをすることで、集中したいときに気が散らない部屋になります。
間仕切りにはアコーディオンカーテンのような可動式のものを採用するのも便利でよいでしょう。

今回は、4人家族の方向けに間取りやリノベーションのポイントを紹介しました。
ぜひ参考にして、後悔のないリノベーションにお役立てください。
リノベーションに関して、ご不明な点等ございましたら、当社までお気軽にご相談ください。

 

 

SCHOOL BUS(スクールバス空間設計)

▼SHARE

facebookシェア はてぶシェア