リノベーションはやめたほうがいい?理解すべき6つのデメリット

2022/5/26(thu)


「リノベーションはやめたほうがいい」
「新築と中古リノベーションどちらにしようか迷う」

中古物件を購入してリノベーションを検討しているが、リノベーションをやめたほうがいいという意見を聞いて判断を迷っている方もいるのではないでしょうか。

中古住宅をリノベーションするほうが新築住宅よりも安くなると聞いて、リノベーションを検討する人が増えています。

しかし、中古物件のリノベーションはいくつかデメリットがあり、リノベーションをやめる人も一定数います。

中古物件のリノベーションのデメリットを理解して、最終的な判断をすることが大切です。

今回は、リノベーションのデメリットを紹介しつつ、リノベーションをするメリットも紹介していきます。

リノベーションはやめたほうがいい?理解すべき6つのデメリット


「リノベーションをやめたほうがいい」という意見がでる理由として、以下のデメリットが挙げられます。

・物件の寿命が短い
・光熱費がかかる
・耐震性の不安
・定期的なメンテナンスが必要
・リノベーションできる範囲に制限がある
・イメージと異なる仕上がりになる

1つずつ紹介していきます。

物件の寿命が短い

リノベーションする場合は、中古物件を購入することになるため、物件自体の寿命は新築に比べると短いです。

中古物件は築20年、30年と年数が経っていることが多いです。

そのため、住宅の寿命は短くなっています。

家(戸建、アパート、マンション)には法的耐用年数があり、「木骨モルタル:20年」「木造・合成樹脂造:22年」「れんが作り・石造・ブロック造:38年」「鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート:47年」が基準として設けられています。

参考:東京都主税局

耐用年数とは、対象の資産を使える「年数」のことです。

「資産としての価値がなくなる目安」を定めています。

実際には、耐用年数よりも住宅の寿命は長いため、耐用年数を過ぎたら住めなくなるわけではありません。

しかし、築30年の中古住宅であれば、すでに建築されてから30年経過しています。

仮に、30歳のときに中古物件を購入してリノベーションする場合は、あと40年前後はその物件に住むことになるでしょう。

定期的にメンテナンスをすることで長く住むことは可能ですが、新築物件の寿命には劣ります。

リノベーションをする場合は、「将来建て替えが必要になる」ことを意識する必要があります。

光熱費がかかる

中古住宅は最新の物件とは異なり、断熱性能が劣ります。

最近では、「高気密、高断熱」を謳っている住宅も増えてきており、1年を通じて外気の影響を受けにくく、「夏は涼しい」「冬は暖かい」と、年間を通じて快適に暮らせます。

一方で断熱性能が低い物件は、「夏は暑い」「冬は寒い」状態になりやすいため、エアコンやヒーターを使う回数が増え、光熱費がかかりやすいです。

家族が多い場合は、部屋ごとに温度調節をおこなう必要もあるため、さらに光熱費は上がるでしょう。

最近では「ゼロエネルギー化」も進んでおり、省エネでエネルギー消費を抑え、創エネでエネルギーを作れる建物も増えてきています。

参考:環境省

光熱費をかぎりなく減らせるため、月々の出費を抑えることが可能です。

リノベーションによって耐熱性能を向上させることも可能ですが、耐熱工事が必要になるため、結果的に費用面でお得にならないケースも出てきます。

耐震性の問題

中古住宅を購入する場合は、耐震性を気にする人も多いでしょう。

中古住宅を購入する場合には、築年数を考慮する必要があります。

理由としては、建築基準の改正により住宅の耐震性の基準が上がっているためです。

1981年6月に施工された新耐震基準は「震度6強から震度7程度の地震で家屋が倒壊・崩壊しないこと」という基準が設けられています。

1981年6月以前に建てられた住宅は新耐震基準を満たしていない可能性もあり、追加で耐震工事が必要となってしまう可能性があります。

ただし、物件によっては、建築基準法よりも高い基準で設計された物件もありますので、すべての中古住宅が耐震性に問題があるわけではありません。

また、中古住宅は地震保険も割高な傾向があります。

耐震工事や地震保険のことを考えると、経済的な負担が大きくなるでしょう。

定期的なメンテナンスが必要

中古住宅に限らず、家屋に住むとなれば定期的なメンテナンスが必要となります。

・外壁塗装
・クロスの張り替え
・屋外の防水工事
・トイレ、キッチン、浴槽などの交換
・シロアリ駆除

メンテナンスにかかる費用の中では、外壁塗装が最も高く120万円程度です。

リノベーションをした物件だったとしても、10年〜20年住むと何かしらの修繕が必要になってきます。

そのため、メンテナンスにともない継続的な修繕費が必要になるでしょう。

リノベーションできる範囲に制限がある

建物の構造によっては、リノベーションできる内容に制限が出る場合もあります。

特に中古マンションの場合は、リノベーションができる専有部とリノベーションできない共有部に分かれています。

専有部はマンションの所有者個人が所有する部分、共有部はマンションの所有者全員が共同で使う部分のことです。

共有部分としては、「外廊下」「階段」「隣室との境界にある壁や床、天井」「サッシの窓枠」などがあります。

この部分は、他の住人と共有しているため、自由にリノベーションできません。

リノベーションできる範囲に制限があることで、理想とする空間を実現できない場合もあるでしょう。

イメージと異なる仕上がりになることもある

リノベーションを依頼した場合、実際にイメージしていた空間とは異なる仕上がりになることもあります。

基本的に、打ち合わせ時にどのような仕上がりになるのか図を用いながら提案を受けますが、その際に平面図で提案を受けると、空間全体を立体的に把握できないため、イメージと異なる仕上がりになるケースがあります。

立体的に空間を把握できる3D設計図で提案を受けることで、イメージとの相違を減らせます。

イメージとの相違があると、リノベーションをやらなければよかったと後悔するかもしれないので、事前打ち合わせで入念にすり合わせをおこなう必要があります。

リノベーションにメリットはあるのか?


ここまでリノベーションのデメリットをお伝えしてきました。

「リノベーションはやめたほうがいい」という意見もありますが、リノベーションにはメリットもあります。

「中古マンションと中古戸建てのリノベーションをするうえでのメリットをまとめてありますので、ぞれぞれご確認ください。

関連記事:中古マンションをリノベーションするメリットとデメリットを徹底解説

関連記事:中古戸建てをリノベーションするデメリットとメリットを解説

まとめ

「リノベーションをやめたほうがいい」という意見がでるのは、以下のデメリットがあるためです。

・物件の寿命が短い
・光熱費がかかる
・耐震性の不安
・定期的なメンテナンスが必要
・リノベーションできる範囲に制限がある
・イメージと異なる仕上がりになる

リノベーションには、メリットとデメリットが存在するので、ご自身の状況にあわせて判断することが大事です。

弊社でもリノベーション相談会を実施しておりますので、興味がある方は一度ご相談ください。

関連記事:リノベーションイベント

SCHOOL BUS(スクールバス空間設計)

▼SHARE

facebookシェア はてぶシェア