リノベーションの壁撤去費用と注意点をご紹介します!

2022/4/24(sun)

大規模なリノベーションをしようとお考えの方は、壁を撤去する場合もあるでしょう。
その際の費用とは、実際どのくらいなのでしょうか。
そこで今回は、リノベーションの壁撤去費用と実例についてご紹介します。
また、壁をリフォームする際の注意点についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

□リノベーションでの壁撤去費用の相場と実例をご紹介!

ここからは、壁の撤去リノベーションの費用相場をご紹介します。
壁の撤去のみを行う場合です。
この場合は一日でできる程度のリノベーションなので5~6万円ほどで対応できるでしょう。
一方、壁撤去後も空間を柔軟に使用するため引き戸を設置したいという場合は、引き戸の料金のみで10万円以上かかるため、合計20~25万円は見ておきましょう。

ここで、壁撤去を行ってリノベーションをした実例を3つご紹介します。
壁の撤去は、プラスアルファで床やクロスの張替えなども行うことが多いです。
それらの合計費用も合せて、皆さんがしたい壁の撤去リノベーションがどれくらいの費用になるか、おおよその費用感をつかむのにお役立てください。

1つ目が、引き戸付きの間仕切り壁を撤去した事例です。
リビングと洋室の間の引き戸付きの間仕切り壁を撤去し、明るく開放感のあるリビングにした例です。
壁の撤去と一緒に、洋室のカーペットからフローリングへの張替えとクロスの張替えも合せて行い、合計費用は約30万円です。

2つ目が、壁を撤去後、折れ戸を設置した事例です。
先ほどと同様、リビングと和室の間の壁を撤去して、リビングに和室からの光が入るようにした例です。
これに合わせて強度を保持するために、間仕切り壁を撤去後、梁を入れて耐震補強も行い、合計費用は40万円となりました。

3つ目が、間仕切り壁を撤去し、引き戸にした事例です。
お子さんが帰省したときは個別で使えて、普段は開けて広く使えるように、間仕切り壁を撤去し、引き戸にするリフォームです。
壁の撤去に合せて、フローリングやクロスも統一し、合計費用は48万円となりました。

 

□壁をリノベーションする際の注意点をご紹介!

せっかくお金をかけてリノベーションしたけど、結局思ったような完成形にならなかったという事態は避けたいですよね。
ここからは、そのような失敗を避けるために、壁のリノベーション時に注意したいことをご紹介します。

1つ目が、リノベーションでは撤去できない壁があることです。
どうしても撤去できない壁があり、場合によってはリノベーションができないケースがあります。
例えば、木造戸建て住宅の耐力壁といわれる構造壁は、もし撤去してしまうと家の構造のバランスが大きく崩れてしまうので、撤去が難しいです。
どの壁が撤去できないのかは、新築時の図面があれば確認できるため、専門家に調査してもらいましょう。

どうしても構造壁を撤去したいという場合は、建築士へ相談してみて下さい。
しかし、その際はプラスで設計費用がかさむだけでなく、家全体の構造耐力を保つため、他の壁をリフォームしたり、筋交いを設置したりする必要が出てくるかもしれません。

2つ目が、マンションリノベーションの制限事項です。
マンションでリノベーションをご検討されている方は、注意が必要です。
マンションは、複数の家庭が一つの建物で暮らしているため、建物の建築制限や管理に関することが管理規約で決められています。
リノベーションに関するマンションの管理規約は以下のようなものがあります。

・隣家(隣室)への音対策のために必要な壁構造や共用部の壁リフォームは不可
・階下への防音配慮のため、一定性能を有する床構造とすること
・間取り変更の場合は、消防設備(児童火災報知設備・スプリンクラー設備)の変更がないか確認をすること
・内壁の仕上げ材は不燃材料や防炎商品を使用すること

ただし、マンションによって多少規約は異なるので、リフォーム前に必ず確認しておきましょう。

3つ目が、使い勝手の変化に注意することです。
壁のリノベーションをすることで、家の使い勝手が変わってしまうことがあります。
例えば、コンセントの位置が変わって、家電製品が使いづらくなったり、ドアの開き方で廊下が通りづらくなったりといったケースが考えられるでしょう。
そのため、リノベーションプランの検討時に、コンセントの場所や部屋の明るさなどは、事前にしっかりと確認しておくのが良さそうです。

4つ目が、壁内に配管・配線はないかの確認が必要であることです。
壁内に配管・配線がある場合は、壁を撤去する際に、配線や配管を変更する工事も別途必要となってきます。
そのため、撤去したい壁に配管や配線がないかの確認は事前に必ず行いましょう。

また、配管や配線がある壁を撤去する場合は、通常と比べて費用がかかり、工事期間も長くなります。
配管を移動できないと壁の撤去はできないので、これらをしっかりと考慮しましょう。

今回は、大規模なリノベーションをしようとお考えの方に向けて、リノベーションの壁撤去費用と実例についてご紹介しました。
また、壁をリフォームする際の注意点についてもご紹介しました。
その他ご質問や相談等ありましたら当社までお気軽にお問い合わせください。

 

 

SCHOOL BUS(スクールバス空間設計)

▼SHARE

facebookシェア はてぶシェア