一戸建てのリビングの広さはどのくらい?ポイントもご紹介します!

2022/1/10(mon)

マイホームでは、リビングにこだわりたいという方も多いのではないでしょうか。
一戸建てにおいてリビングの広さを決める際、どのくらいの広さが最適なのか悩みますよね。
今回は、一戸建てのリビングの広さの例と、決め手についてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

□一戸建てのリビングの広さの例をご紹介!

ここからは、リビングの広さを3つご紹介します。

まずは、16畳です。
16畳は、4人家族の家に家具を配置したとすると、最低限欲しいです。
ただし、大きいテーブルやソファを置くと部屋に圧迫感が出てしまったり、テーブルとソファの間にスペースが取れなかったりする場合があります。
そのため、16畳のリビングにする際には、家具は小さな丸テーブルやコンパクトサイズのソファなどを選ぶのがおすすめです。

次に、18畳です。
16畳のリビングと比べると家具の配置に少しゆとりがあり、ダイニングテーブルとソファの間にもしっかりとスペースを設けられます。
また、ダイニングテーブルとソファ以外にも、作業用のカウンターや棚など、プラスアルファの家具も楽しめるでしょう。

最後が、20畳です。
家具を置いてもかなり余裕を持てる広さで、大き目の家具やこだわりのキッチン、ゆとりのあるキッチンカウンターを設けるなど、様々なアレンジが可能になります。
リビングにこだわった家にしたいという場合は、20畳は設けるのが良いでしょう。
その一方で、かなり大幅なスペースが必要になるアイランドキッチンなどをご希望の場合は、20畳でも少し不十分かもしれません。

 

□リビングの広さの決め手についてご紹介!

ここからは、リビングの広さを決める際のポイントを2つご紹介します。

1つ目が、家族構成と家具の大きさの関係を意識することです。
リビングに置く家具と言えば、ダイニングテーブルセットとソファですね。
これらの家具を置いた時に必要なスペースの大きさは、家族構成やライフスタイルによっても変化します。

例えば、ダイニングテーブルセットを置く場合、1人が食事をするスペースは、最低でも幅60×奥行き40センチと言われています。
2人用だとテーブルは60×80センチ、そこに座る椅子のスペースも考慮すると、ダイニングの広さは110×240センチ(1.6畳)ほどのスペースが最低限必要です。
4人用で考えると、テーブルは120×80センチ、必要なスペースは170×240センチとなります。
動線やご家族の人数、来客の事もしっかりと考え、少しゆとりを持った広さにしておくと安心ですね。

2つ目が、テレビの視聴距離、ペットのゲージや趣味のグッズの大きさもチェックすることです。
広いリビングにはもっと大きなテレビを置こうとお考えの方も多いでしょう。
しかし、テレビは大きさ毎に、疲れず綺麗な画質で見られる最適な視聴距離があることをご存知でしょうか。
テレビメーカーによると、画面の高さの3倍がおすすめの視聴距離だそうなので、視聴する距離も考慮しながらテレビの大きさを決めるのが良いかもしれません。

 

□リビングを広く見せるポイントをご紹介!

ここからは、リビングを広く見せるポイントを2つご紹介します。

1つ目が、部屋の広さに合ったサイズのソファを選ぶことです。
18畳のリビングで対面式キッチンの場合、リビングダイニングは約13畳になり、リビングに置くソファのサイズは2~3人掛け程度のイメージが一般的です。

3人掛けのソファを置く場合も、幅1.6メートル程度までのものを選ぶのがおすすめです。
コーナータイプゆったりとしたソファを置いてしまうと通路が狭くなってしまう恐れがあるので、リビングをもっと広くとる必要が出てきます。
それほど広々としたリビングを設けられないという場合、小さいお子さんしかいない場合はソファを置かず、空間を広く使うのも1つの手です。

2つ目が、リビングの広さに合わせたキッチンの形を選ぶことです。
対面型カウンターキッチンの場合、必要なキッチンの広さは4~4.5畳くらいですが、アイランドキッチンの場合は、キッチン部分に面積が多く費やされることになります。
4~4.5畳の対面式カウンターキッチンは通常奥行きが65センチなのに対し、アイランドキッチンは約90~100センチも必要になります。
さらに、アイランドキッチンは、両側に作業場や通路のために90センチ程度のスペースを確保すると、奥行きは約3メートルも確保する必要があるのです。

このように、アイランドキッチンをつくるためには、キッチンだけでかなりのスペースを確保する必要があるのです。
つまり、カウンターキッチンと比べると、アイランドキッチンを設置する場合の方がリビングのスペースは狭くなってしまいます。

今回は、一戸建てのリビングの広さの例についてご紹介しました。
また、リビングの広さの決め手と、リビングを広く見せるポイントについてもご紹介しました。
その他ご質問や相談等ありましたら当社までお気軽にお問い合わせください。

 

SCHOOL BUS(スクールバス空間設計)

▼SHARE

facebookシェア はてぶシェア