リフォームのローンにお悩みの方へ!金利が引き下げられた今がお得です!

2021/6/10(thu)

「中古住宅のリフォームをしたいけど、どのローンが使えるのか分からない」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。

住宅ローンか、リフォームローンか、どちらで借りられるのか分からないという方も多いでしょう。
そこで今回は、中古住宅のリフォームをする際に受けられるローンについて解説します。

 

 

□住宅ローンとリフォームローンの違いとは?

中古住宅や中古マンションを購入してリフォームする際に、ローンの組み方について知りたい方も多いでしょう。
住宅を購入する時は住宅ローンが使えて、リフォームの際にリフォームローンを借りると思いますよね。
実際はそういう訳でもありません。
ここでは、住宅ローンとリフォームローンの違いを解説します。

そもそも、銀行などの多くの金融機関では、住宅ローンもリフォームローンも取り扱っています。
両者の大きな違いは、担保が必要どうかです。

住宅ローンは有担保ローンです。
住宅を担保にしてお金を借ります。
万が一、ローンが返済されなかったとしても、住宅を処分してお金を回収できます。
そのため、金融機関側からすればリスクが低くなります。

一方でリフォームローンは無担保ローンです。
それぞれの返済期間や融資額、金利タイプが異なります。

なお、住宅ローンは審査が厳しいです。
住宅ローンを借りるのには手間がかかるかもしれません。
しかし、最長の場合は35年と長期間の返済ができ、低金利のローンが多いのがメリットでしょう。

一方でリフォームローンは、借り入れに時間がかかりません。
その反面、返済期間は短く、融資額は少なく、金利も高くなる傾向になります。

 

□ローンを一体化できます!

かつては、リフォームローンと言えば、住宅に抵当権を設定しない無担保ローンで金利も4~5パーセントと高めでした。
しかし、近年リフォーム需要が増えたこともあり、事情が一変しています。

特に顕著なのが中古住宅を買ってリノベーションするケースです。
以前は中古住宅の購入とリノベーションは分けて考えられていました。
大抵の場合は、住宅ローンを組んで中古住宅を買い、入居してからリフォームローンを組むという順序でした。

しかし、最近ではリノベーションを専門に手がける会社が増加しており、中古住宅の購入とリノベーションを同時にできる環境が整ってきています。
そして現在では、中古物件の住宅ローンとリフォームローンを一体化させてまとめて借りられるようになっています。

 

□フラット35リノベとは?

長期固定金利の住宅ローンのフラット35をご存知でしょうか。
フラット35には様々な金利引き下げ制度がありますが、中でもフラット35リノベの金利幅が大きいです。
さらに、2021年1月から制度が改定され、以前よりも利用しやすくなっています。
ここでは、フラット35リノベについて解説します。

住宅金融支援機構のフラット35リノベとは、中古住宅を購入して、一定の要件を満たすリフォーム工事を実施することで、金利の引き下げができる制度です。
一定の要件とは、利用者自身が中古住宅の購入と一定の性能向上リフォームを行う場合か、住宅事業者による性能向上リフォームが行われた中古住宅を購入する場合の2種類です。
つまり、自分で中古住宅を買ってからリフォームするか、リフォームされた中古住宅を買った場合に受けられるローンです。

現在、国の予算を使って金利が引き下げられています。
その狙いは、住宅ストックの質の向上や、中古住宅・リフォーム市場の活性化です。
フラット35リノベの金利引き下げ幅は0.50パーセントであり、他の金利引き下げ制度の多くは0.25パーセントの引き下げ幅よりも大きいです。
国を挙げてこの制度に力を入れていることが分かりますね。

このフラット35リノベには2種類のプランがあります。
金利引き下げ期間が当初10年間のAプランと、当初5年間のBプランです。

金利引き下げ期間が10年の金利Aプランの適用条件としては、長期優良住宅、低炭素住宅として認められる基本性能の高い住宅が対象です。
最近の新築住宅は、これらの条件を満たす物件が増えています。
しかし、フラット35リノベの対象となる中古住宅においては、かなりハードルが高いかもしれません。

リノベ金利Bプランの住宅の適合基準では、断熱等性能等級4、耐震等級2以上など、住宅性能表示制度における高い等級をクリアする必要があります。
中古住宅においてこの条件を満たすのは簡単ではありませんが、金利Aプランよりもハードルが低いと言えるでしょう。

なお、2021年1月から改定されるのは、金利引き下げ期間が5年間のフラット35リノベ金利Bプランです。
そのため、今が中古住宅のリノベーションをする最適なタイミングと言えるでしょう。

今回は、中古住宅のリフォームをお考えの方に向けて、住宅ローンやリフォームローンを解説しました。
中古住宅のリフォームの需要が高まっているため、金利が引き下げられて使いやすくなっています。
当社では、中古住宅のリフォームやリノベーションを承っておりますのでご興味がございましたらお気軽にご相談ください。

 

SCHOOL BUS|スクールバス空間設計

 


 

▼Store Information -各店舗ページ-

大阪で中古物件探し・リノベーションをお考えの方は >> スクールバス大阪 店舗ページ

京都で中古物件探し・リノベーションをお考えの方は >> スクールバス京都 店舗ページ

神戸で中古物件探し・リノベーションをお考えの方は >> スクールバス神戸 店舗ページ

 

▼Gallery – 施工事例-

スクールバスのリノベーション施工事例一覧はこちら >> 施工事例

 

▼Event -リノベーションイベント-

リノベーション相談会やオープンハウス情報はこちら >> イベント情報

▼SHARE

facebookシェア はてぶシェア