中古住宅のリノベーションをご検討されている方へ!ローンについて解説します!

2020/11/17(tue)

中古住宅のリノベーションをご検討中の方はいらっしゃいませんか。
その際には、住宅ローンを活用することがおすすめです。
しかし、あまり詳しくご存じない方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、中古住宅を購入してリノベーションを行う際の住宅ローンの利用と、その際の注意点をご紹介します。

 

 

□中古住宅を購入してリノベーションをする際の住宅ローンについてご紹介します!

近年は、中古住宅を購入してリノベーションをされる方が増加してきています。
しかし、「とりあえず物件を購入した後に、リノベーションのことを考えれば良いか」と考えておられる場合は、失敗してしまう可能性が非常に高いです。
失敗しないためにも、しっかりと計画を立てておくことが大切でしょう。
ここでは、資金計画を立てるために、住宅ローンの利用についてご紹介していきます。

一般的には、住宅ローンは物件を購入するためのローンになります。
そのため、方法によっては、リノベーションを行う場合に住宅ローンを利用できない可能性もあるでしょう。
しかし、間取りから内装までのすべてをゼロから行うリノベーションの場合は工事費用が高額になるため、自己資金でまかなうと負担が大きくなってしまいます。
また、物件を購入する際は住宅ローンを利用し、リノベーションを行う際にリフォーム専用のローンを利用できますが、住宅ローンよりもリフォーム専用のローンの方が金利が高く設定されています。

そのため、この費用を住宅ローンとして借り入れられれば、住宅ローンと同じ金利で借り入れられるため安心ですよね。
では、どうすれば物件の購入からリノベーションまでにかかる費用を住宅ローンで借り入れられるのでしょうか。
それは、両者を同時に行うことです。
そうすれば、購入費用に加えてリノベーションにかかる設計料や工事費などの費用も住宅ローンで借り入れられます。

中には、「中古物件を購入した後で、リノベーションについて考えよう」と思われている方もいらっしゃるでしょう。
購入したときに住宅ローンを利用していて、リノベーションの際にも住宅ローンを利用しようとすると、再び抵当権を設定する必要があり、書類の記入から司法書士への手数料の支払いなどの手間や費用が発生してしまいます。
また、別の金融機関で借り入れを行う際は、抵当権の関係からこれまでの住宅ローンの借り換えを行う必要があるため、余計に手間や費用が発生します。
ここまでご紹介したように、物件を購入した後でリノベーションを行う場合には余計な手間や費用がかかってしまうため、それらを同時に行うことをおすすめします。

 

□中古住宅リノベーションの住宅ローンに関する注意点とは?

ここからは、注意点についてご紹介していきます。

1つ目は、物件の耐用年数です。
物件の購入時に、住宅ローンに大きく影響するのが建物の耐用年数と言えるでしょう。
その理由は、銀行などの金融機関は融資審査の際に建物の耐用年数を調査するためです。

国税庁では、耐用年数を木造住宅であれば22年、鉄筋コンクリートなどの住宅は築47年と定めています。
これは税法上の減価償却資産の耐用年数を意味しているため、実際の使用に耐えうる期間を意味しているわけではありません。
しかし、融資を審査する際の基準の1つとして使用されており、この年数を超えた建物の評価はゼロとなってしまいます。
では、建物の評価がゼロになってしまうとどのようなデメリットがあるのでしょうか。

それは、借入期間を短く設定されてしまうことです。
これだけでは、あまりよく分からないですよね。
具体的には、30年の借入期間を希望したとしても、20年や15年に制限されてしまう可能性があるということです。
借入期間が短くなってしまうと、その分だけ月々の返済額が大きくなってしまうため負担は大きくなってしまいます。

そうなると、計画していたプランの調整が必要になってしまうでしょう。
そのため、価格や立地だけでなく耐用年数までしっかりと考慮することが大切です。

2つ目は、ワンストップリノベーションサービスを利用することです。
こちらの言葉を聞き慣れない方もいらっしゃるかもしれませんが、これは住宅会社に物件探しからリノベーションまでを一括して依頼できるプランのことです。

ワンストップリノベーションでは、物件の購入費用やリノベーション費用のバランスをとれます。
そのため、会社に総予算を伝えておくことで、予算を超えないように調整しながら物件探しとプランニングを進められるでしょう。
また、リノベーション向きの物件情報に強い会社が多いため、気になる物件で希望のリノベーションができるかどうかを判断してくれることや、担当者が1人であるため打ち合わせがしやすいことも大きなメリットでしょう。
このように様々なメリットがあるため、中古住宅リノベーションをご検討中の方は、物件探しからローン、リノベーションまでをサポートしてくれる住宅会社に依頼することをおすすめします。

今回は、中古住宅を購入してリノベーションを行う際の住宅ローンの利用についてと、その際の注意点をご紹介しました。
中古住宅のリノベーションを行う際は、今回ご紹介したように様々な費用を住宅ローンで借り入れられます。
ご興味のある方や、ご検討中の方は当社までお気軽にご相談ください。

 

SCHOOL BUS|スクールバス空間設計

 


 

▼Store Information -各店舗ページ-

大阪で中古物件探し・リノベーションをお考えの方は >> スクールバス大阪 店舗ページ

京都で中古物件探し・リノベーションをお考えの方は >> スクールバス京都 店舗ページ

神戸で中古物件探し・リノベーションをお考えの方は >> スクールバス神戸 店舗ページ

 

▼Gallery – 施工事例-

スクールバスのリノベーション施工事例一覧はこちら >> 施工事例

 

▼Event -リノベーションイベント-

リノベーション相談会やオープンハウス情報はこちら >> イベント情報