中古マンションをリノベーションして自分好みに!間取り変更をする際の注意点をご紹介

2020/10/8(thu)

家の間取りは、私たちの生活に大きな影響を与えます。
また、どの間取りが合うかは生活スタイルやこだわりによって変わります。
中古マンションをリノベーションし、理想の間取りに作り替えましょう。
その際に注意すべき点が何点かあるため、ここで確認をしてみてください。

◻︎リノベーションできる範囲を知ろう

 

マンションは所有者が複数であるため、リノベーションができる範囲が限られています。
その範囲をここで確認しておきましょう。

マンションのスペースは、専有部分と共有部分に分かれています。
専有部分とは各住戸の所有者が個人で所有するスペースのことで、共有部分とは各所有者が共同で所有権を持つスペースのことです。
この内、中古マンションでリノベーションできる範囲は専有部分です。
つまり、内部はほぼ自由にリノベーションが可能であると覚えておきましょう。

間仕切り壁やクロス、天井は、マンションの構造に影響しなければ一新できます。
そのため、間取りを変えたり、天井を高くしたりもできます。
また室内ドアやトイレ、キッチンといった設備機器も専有部分であるため、リノベーションが可能です。

しかし、共有部分と指定されている箇所はリノベーションできません。
例えば、窓や玄関ドア、バルコニーが共有部分です。
トラブルに繋がるため、この点には注意しておきましょう。

◻︎間取り変更する際の注意点とは?

 

以上のような範囲以外にも、中古マンションをリノベーションする際に注意すべき点はあります。

まず、構造がラーメン構造か壁式構造か確認しましょう。
ラーメン構造の場合は、梁や柱といった凹凸に注目します。
リノベーションする際には、これらの凹凸をいかにフラットに収めるかが重要なポイントになります。

また、壁式構造の場合は壁が撤去できません。
その場合は、壁の存在を意識した空間の演出を考える必要があります。
このように、構造の違いによって注目すべきポイントが異なることに注意しましょう。

次に、排水管と排気ダクトの確保が可能かという点です。
トイレやキッチンを移動させたいと思っても、床下の高さが足りなかったり、梁が邪魔だったりするケースがあります。
設備機器のリノベーションを考えている方は、この点に注意しておきましょう。

このように、リノベーションする際には、施工可能な範囲とマンションの構造に注意する必要があります。
これらの注意点を踏まえた上で、中古マンションのリノベーションをご検討されることをオススメします。

 

SCHOOL BUS(スクールバス空間設計株式会社)