中古マンション購入を検討中の方へ!玄関リノベーションのポイントをご紹介!

2020/9/26(sat)

玄関とは、出入り口であるのに加え住まいの顔でもあります。

来客が最初に目にする部分であるため、こだわりたい方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、中古住宅をリノベーションする方に向けて、玄関リノベーションのポイントをいくつかご紹介します。

◻︎玄関の「土間」とは?

 

土間という言葉を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

土間とは、玄関と部屋の間に設けられた土足で歩けるスペースのことです。

いわば、室内と室外をつなぐ中間的な空間と言えます。

では、この土間があることによって、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。
まずメリットとして、靴、傘、自転車、スポーツ用品、観葉植物といった室内に持ち込むのをためらう室外用のものを置く場所にできます。
また、雨や土で汚れたものをその場で洗い流すスペースにもできるでしょう。

他にも、土間を設けることで玄関と部屋の風通しが良くなります。
これは夏にはメリットになりますが、冬場には冷え込むためデメリットとも言えるでしょう。
この他に、玄関から入室する際の段差も、高齢者や障害者にとっては1つのデメリットと言えます。

以上のメリットとデメリットを踏まえた上で、玄関をどのような間取りにするかを考えると良いでしょう。

◻︎おしゃれな玄関を作ろう

 

玄関に土間を作るとして、おしゃれにする方法にはどのようなものがあるのでしょうか。
細かく確認していきましょう。

 

まず、おしゃれな土間にするには土間床材の選び方が重要です。

高級感を意識した土間にしたいのであれば、大理石や御影石のような石材を用いましょう。
しかし、石材は水シミがつきやすくその質感を維持するには、こまめなメンテナンスが必要です。

その点、フロアタイルは汚れにくく、お手入れがしやすい素材です。
そのため、お手軽さを重視する方に特にオススメしたい床材です。
この他にも、モルタルといった素材もあるため是非チェックしてみてください。

 

次に、玄関の照明の明るさにも注意しましょう。
具体的には、60Wくらいの暗さに設定しておくことをオススメします。
これによって、玄関からリビングに移動した時に、リビングの明るさを演出できるでしょう。

玄関は、室外と室内の中間的な空間です。
また、家に入る時に最初に通る場所でもあり、出かける時に最後に通る場所でもあります。
出かける時には意気込み、帰ってきた時には安心できるような空間が望ましいでしょう。
住まいの顔とも言えるこの空間を、おしゃれにリノベーションしてみませんか。

 

 

SCHOOL BUS|スクールバス空間設計

 


 

▼Store Information -各店舗ページ-

大阪で中古物件探し・リノベーションをお考えの方は >> スクールバス大阪 店舗ページ

京都で中古物件探し・リノベーションをお考えの方は >> スクールバス京都 店舗ページ

神戸で中古物件探し・リノベーションをお考えの方は >> スクールバス神戸 店舗ページ

 

▼Gallery – 施工事例-

スクールバスのリノベーション施工事例一覧はこちら >> 施工事例

 

▼Event -リノベーションイベント-

リノベーション相談会やオープンハウス情報はこちら >> イベント情報