中古マンションをリノベーションする前に!メリットとデメリットを確認しておこう!

2020/9/22(tue)

最近よく耳にするリノベーションについて、興味を持っている方は多いのではないでしょうか。
中には、もうすでに中古マンションのリノベーションを考えている方もいるでしょう。

そこで今回は、中古マンションをリノベーションするメリットとデメリットについてご紹介します。

 

◻︎中古マンションをリノベーションするメリットとは?

 

 

1つ目のメリットとして、物件が豊富なことが挙げられます。
新築マンションは、人の集まりやすい駅前などでは土地が空いておらず建てられません。
その点、中古マンションから選ぶ際には、駅近物件であれその選択肢は広がります。

次に挙げられるメリットは、ライフスタイルに合わせた間取りを設計できることです。
中古マンションを購入する際のデメリットは、間取りを変更できないことです。

しかし、それをリノベーションすることである程度自由に設計が可能であるため、そのデメリットが解消されることを押さえておきましょう。

例えば、独身の方が3LDKの間取りをリノベーションして、広々としたワンルームに変更も可能です。
このように、中古マンションであってもライフスタイルに合わせた間取りを設計できます。

この他には、事前に周囲の環境を確認できることや環境負荷が小さいことがメリットとして挙げられるでしょう。

◻︎中古マンションをリノベーションするデメリットとは?

一方で、デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。
それは、リノベーションできない箇所がある点です。

マンションは各個人が所有権を持つ専有部分と、共同スペースの共有部分に分かれます。
施工可能な範囲は専有部分だけであるため、共有部分の窓や玄関ドア、バルコニーといった箇所はリノベーションできません。

また、マンションの構造によってもリノベーションできない場合があります。
外壁や基礎といったマンションそのものに影響を及ぼすと考えられるものは、勝手にいじれません。

そのため、壁を撤去し、間取りの変更をする際には注意する必要があります。
また、配管やダクトが原因でキッチンやトイレの移動が困難な場合もあります。

他にも購入前には、マンションの築年数や状態を確認することが重要です。
合わせて、耐震補強が済んでいるかも確認しましょう。

 

中古マンションのリノベーションには、以上のようなメリット・デメリットがあります。
マンションの規約と構造には、特に注意しておきましょう。
そのような注意点を踏まえた上で、選択肢として「中古マンションをリノベーションして住むこと」をご検討されてみてはいかがですか。

 

 

SCHOOL BUS|スクールバス空間設計

 


 

▼Store Information -各店舗ページ-

大阪で中古物件探し・リノベーションをお考えの方は >> スクールバス大阪 店舗ページ

京都で中古物件探し・リノベーションをお考えの方は >> スクールバス京都 店舗ページ

神戸で中古物件探し・リノベーションをお考えの方は >> スクールバス神戸 店舗ページ

 

▼Gallery – 施工事例-

スクールバスのリノベーション施工事例一覧はこちら >> 施工事例

 

▼Event -リノベーションイベント-

リノベーション相談会やオープンハウス情報はこちら >> イベント情報