中古マンションのリノベーションをお考えの方へ!注意点を紹介します!

2020/7/26(sun)

中古マンションのリノベーションにおいて、どのようなことに注意すれば良いかご存知ですか。
注意点を押さえておくことで、想定外のトラブルや失敗に巻き込まれにくくなります。
そこで今回は、中古マンションのリノベーションにおける注意点について専門家が解説します。

□中古マンションのリノベーションにおける失敗例を紹介

 

 

はじめにリノベーションにおいてどのような失敗があるのかを紹介します。
失敗例を見ておくと注意すべきポイントがわかりやすいと思います。

 

*予算や資金計画での失敗

すでにお持ちの物件を改修する場合は、基本的に工事費用だけを考えれば良いですが、新しく中古の物件を買ってリノベーションする際には、物件の価格と工事費用の両方を考える必要があります。
失敗例としては、リノベーションの計画を立てる前に物件を購入してしまい、予算的にリノベーションにそれほど費用をかけられなくなってしまったケースがあります。
事前に業者の方と相談して、ご自身の理想を実現するためにはどれくらいの費用がかかるのかを把握しておくと良いでしょう。

また、リノベーションを行っていくうちに次第に要望が増えていき、大幅に予算オーバーしてしまった事例もあります。
これも資金とアイデアの調整が不十分であったことが原因の失敗です。

 

*設計やプランニングでの失敗

設計やプランニングでの失敗例としては、完成はしたものの、実際に生活をしていくと不便な点が出てしまった事例があります。
プランを立てる時には、基本的に業者の方と相談しながら決めていきます。
しかし、いくら専門家だとしても各々の生活スタイルを完全に把握しているわけではありませんよね。
そのため、ご自身やご家族のライフスタイルを考慮しながら改修の設計をしてもらうことをおすすめします。

 

□失敗しないための工夫と注意点

続いて、上記で紹介した失敗をしないために注意すると良いポイントを紹介します。

まずは、優良な業者を選んで依頼するということが挙げられます。
設計やプランニング、資金面での相談など、リノベーションにおいては業者と相談する機会が多いですよね。
その際に、優良な業者であれば不安な点を相談しやすいですし、素人の方にはわかりにくい詳細な注意点まで解説してくれます。

また、ご自身の絶対に譲れない条件を考えておくことも大切です。
先ほど紹介したように、次々と新しいリノベーションのアイデアは湧いてきますが、予算が限られている方も多いですよね。
その予算内でリノベーションができるように、ここだけは不可欠であるというポイントを押さえておくとスムーズでしょう。

今回は、中古マンションを購入してリノベーションする際の注意ポイントについて解説しました。
リノベーションを検討している方に本記事が参考になると幸いです。

 

SCHOOL BUS(スクールバス空間設計株式会社)