中古マンションのリノベーションにおける水回りについて解説します!

2020/7/22(wed)

中古マンションのリノベーションにおいて、水回り関連に注意が必要なことをご存知ですか。
水回りは生活の要の部分であるため、リノベーションしたい方も多いと思います。
そこで今回は、中古マンションのリノベーションにおける水回りについて解説します。

□水回り工事のポイントについて解説

 

水回りとは、主にキッチンやトイレ、浴槽、洗面所を表します。
これらの配置や使い勝手によって、生活のしやすさは大きく変わりますよね。
しかも、水回りに不具合が起きてカビが大量発生したり水漏れが起きたりすると、被害も大規模になってしまいます。
そのため、リノベーションにおいては水回りの工事がとても重要です。

しかし、マンションの種類によっては建物の構造や配管の位置、管理規約等によって水回り工事がかなり制限されてしまうケースがあることをご存知でしたか。
中古マンションを購入してからその事実に気づいても、手遅れになってしまいます。
業者の方とよく相談し、事前にリノベーションのプランを共有しておくことで、そのような失敗は避けられるでしょう。
また、工事業者によるチェックや、管理規約の確認も忘れないようにしましょう。

□水回りのリノベーションにおいて注意すべきこととは

中古マンションを購入し、実際にリノベーションをする際に注意すると良いことを紹介します。

*家族の動線を考慮する

水回りの設備は家族全員が使用するものです。
一人での使用だけでなく、家族の複数人が同時に使用する可能性もありますよね。
何人で使うことが多いのかを考えつつ、混雑しないような動線を確認しておくと良いでしょう。

*年齢を考える

同じ設計の水回りでも、住む方の年齢によって使い勝手がかなり変わります。
例えば、小さいお子さんや高齢の方が住む家であれば、水回りのスペース間の距離や浴槽の段差など細かい部分への配慮が必要でしょう。
そのため、ご自身の将来と、一緒に暮らしていく方の年齢を考えてプランニングすることをおすすめします。

*カタログだけで決めると後悔する

水回りのリノベーションは決して安いものではありませんよね。
そのため、失敗を避けるためにもカタログだけ見て決めるのではなく、使い勝手はもちろんのこと、高さや幅、色味などを実際に確認する方が安心です。
同じような商品でも、ほんの数センチの違いで違和感を覚えることも多いです。

今回は、中古マンションにおける水回りのリノベーションについて解説しました。
水回りは毎日使用するものであるため、せっかくのリノベーションで後悔することのないように、本記事を参考にしていただけると幸いです。

 

SCHOOL BUS(スクールバス空間設計)