パースでイメージ共有、より理想に近いリノベーション空間に。

2020/7/11(sat)

リノベーションした後のイメージってなかなか沸きづらかったりしませんか。

そんなときに使うのがパースと言われるもの。

 

お客様に伝えたいリノベーションのポイントやイメージ共有したい部分を

スクールバスではリノベーションデザイナーがひとつひとつ手書きパースを描きます。

 

 

大阪府交野市にてリノベーションをお手伝いさせていただいたN様邸のパースはこんな感じ。

玄関入口と脇にある収納スペースの中身、

さりげないですが実際に暮らすとかなり重要なキーマンになるのが収納です。

イメージしてみて使い勝手が良いかなどお客様とともに確認。

そして玄関向かって右手には洗面スペースがあって

空間のアクセントになるアイアンのデザイン扉を設置予定だったのでそちらもパースで描きました。

 

洗面スペースはボールの形や大きさはもちろんのことタイルの大きさ・色味・貼付する面積など

好みは人それぞれ。

一旦パースで提案させて頂き、より詳しくご希望の内容を聞いて理想に近づけていきます。

 

完成したのがこちら。

まずは入口のアイアンで造った扉。

 

そして洗面スペースはこんな感じの仕上がり。

当初はゴム集成材で幕下をつくろうと思っていましたが、最終的にはモルタル仕上げに。

 

 

剥き出しの配管に

モルタルと洗面前のタイル、床のフロアタイルはグレーで統一。

クールな印象になりました。

 

完成後のお引渡し式の様子は後日お届けしますね。

お楽しみに~

 

SCHOOL BUS(スクールバス空間設計株式会社)米田