中古マンションのリノベーションを検討している方へ!買い時はいつなの?

2020/7/8(wed)

中古マンションをリノベーション目的で購入する際、タイミングで悩んだ経験はありませんか。
マンションの購入に、良い時期と悪い時期があるのか気になりますよね。
また、購入したいと思っても、「後でもっと良い物件が見つかるかも」と思うこともあるでしょう。
今回は、中古マンションの買い時について説明します。

 

□中古マンションの買い時とは

 

マンションの購入は、他のカテゴリーの商品と同じく「今だけお得です。」または「今は買わない方がいい。」と言われることがあります。
このような類の発言は、消費税や金利によるものが多いです。

ただそれでは、本当の買い時はいつ来るのかと悩んでしまいますよね。
実は、気に入ったマンションを見つけたタイミングが、買い時と言えます。

そもそも、マンションは全く同じ物件というものは存在しません。
家電や車は型が同じものは、買い時がありますが、マンションは違います。
マンションは、間取りや日当たり、周囲の環境といった要素で必ず違いが生まれます。
中古マンションの場合は、気に入った物件を購入する機会を逃すと、同様の物件を見つけるのは困難です。

このような後悔をしないためにも、買いたいときが買い時であると考える方が良いでしょう。

 

□中古マンションの築年数の観点から見た買い時

中古マンションの買い時は買いたいときであると、伝えましたが、築年数と価格のバランスの観点で他の買い時もあります。

築年数は、マンションの価格推移を考慮すると築20年から30年がおすすめです。
マンションは年を経るごとに価格が下がっていき、20 年ほどで下落が停滞します。
築20年から30年の間は、価格のみが下がるため買い時と言えるでしょう。

ただし、築40年を超えると耐久性の面で不安が生まれます。
これは、耐震基準の変化が理由です。
建物の耐久性を測る指標である耐震基準は、1981年に大幅に改正されました。
1981年よりも前に建てられた建物は、新耐震基準に則っていない可能性があるため、耐震性の保証がありません。
そのため、築年数が40年近くあるものは耐震基準を確認するようにしましょう。

中古マンションを購入する際は、築年数と価格のバランスを意識する必要があります。
さらに、同時に購入を先延ばしにせず、早めに行動することも求められます。
中古マンションの購入をリノベーション目的で検討している方は、今回の記事を参考にしてみてください。

 

SCHOOL BUS(スクールバス空間設計)