中古住宅のリノベーションにおいてできないことを専門家が紹介します!

2020/5/30(sat)

中古物件をリノベーションすることに関心を抱いている方は多いでしょう。
しかし、リノベーションにも制限があることをご存知でしたでしょうか。

一部の建物にはリノベーションできないことや、そもそもリノベーションではできないことがあります。
そこで今回は、リノベーションではできないことを解説します。

 

□リノベーションしにくい中古物件とは

 

この章ではリノベーションしにくい中古物件について具体的に紹介します。
リノベーションの制限が大きい物件だから値段が下がっていることもあるので安いからといって物件を決めるようなことはせずに事前にリノベーションができるかどうかを確認するようにしましょう。

まず挙げられるのは、壁が構造体となっている建物です。
この場合、壁自体が建物を支える役割を果たしているので壁を撤去できません。
なので、間取りに関するプランに制限がかかってしまうでしょう。

次に挙げられるのは、防火地域に建てられている建物です。
防火地域とは、市街地での火災による危険を避けることを目的として制定されている地域のことで、この地域の建物はサッシや外壁に防火性能が要求されるので製品の選択肢が減りコストも高くなりやすいでしょう。

最後に挙げられるのは、床下や天井に十分な空間がない建物です。
この問題は主にマンションで見られます。
マンションの床下や天井には水を流すための配管があることが多く、この位置を個人で変更できないからです。

□リノベーションではできないこととは

 

この章ではリノベーションではできないことについて大きく2つの要因に分けて紹介します。

*建物の構造による制約

マンションの場合であれば旧式の構造である壁式構造を、戸建ての場合であれば2×4工法とプレハブ工法を採用していると、壁の一部が壊せないので自由度が大きく減ってしまいます。
マンションであればラーメン構造、戸建てであれば木造軸組工法であれば自由度が高いので、リノベーションを検討されている方であればラーメン構造のマンションを選ぶことをおすすめします。

*管理規約による制約

これは主にマンションで見られる規約です。
マンションは住民の共同財産なので、マンションの価値を維持することが最優先事項となります。
そのため工事音を懸念して床材の変更を禁止する物件や、電気・ガスなどの容量に制限があるためオール電化にできない物件もあります。

今回はリノベーションではできないことを解説しました。
リノベーションには制限を有する場合もあるので、事前にリノベーションを行う際の障害と成り得る要素がないかを調査するようにしましょう。

 

SCHOOL BUS(スクールバス空間設計株式会社)