中古住宅をリノベーションするメリットとデメリットをご紹介!

2020/4/30(thu)

中古住宅のリノベーションをご検討中の方はいらっしゃいませんか。

リノベーションという言葉はよく聞きますが、具体的にどのようなものかご存じでしょうか。

魅了的な特徴がたくさんある一方で、注意しなければいけない点もあります。今回は、リノベーションのメリットとデメリットについてご紹介します。

 

□メリットとは

大きなメリットとして3つ挙げられます。

1つ目は、自分の生活に合うように住宅を設計できることです。
リノベーションできる物件の場合は、間取りや設備、壁や床の素材まで自分の好きなように設計できます。
今の住宅に不満がある方は、その不満を解消して、理想の住宅にできるでしょう。

2つ目は、選択肢が増え、希望のエリアの物件に住めることです。
物件探しでは、新築だけ探すよりも、中古住宅も含めて探した方が選択肢も増えます。
希望するエリアでは新築が全然見つからないが、中古住宅なら見つかることもあります。
物件探しに時間をあまりかけたくない方は、中古住宅も選択肢に入れた方がスムーズな物件探しができるでしょう。

3つ目は、完成後のイメージがしやすいことです。
新築を購入するよりも、もともとある中古住宅を改修する方が、生活するイメージがしやすいです。
内観を変えたとしても、日当たりや窓からの景色、近隣住宅との距離は変わりません。
土地の条件を存分に活かした住宅にできるでしょう。

 

□デメリットとは

大きなデメリットとして3つ挙げられます。

1つ目は、すぐに住めないことです。
リノベーションを行うならば、中古住宅を購入後に改修工事をしなければいけないので、すぐに引き渡されません。
工事の期間は内容によって異なりますが、最長で半年ほどかかることもあります。
すぐに住みたいと思っていても無理な場合がありますので、あらかじめどのくらい時間がかかるのか確認しておきましょう。

2つ目は、解体しないと分からない瑕疵(かし)や思わぬ修繕費が発生する可能性があることです。
瑕疵(かし)とは、普通ならあるべき機能や性能が、備わってないことです。
一見状態が良いように見えても、解体してみると水漏れや柱のヒビが発見されることがあります。
これを修繕するためには、予定になかった費用が必要なることもあるので注意が必要です。

3つ目は、構造によってできないこともあることです。
リノベーションでは、間取りや設備などの改修が可能ですが、住宅の構造によってはできないこともあります。
マンションやアパートの場合は、上下の階に影響が出るようなことや、取り除いてはいけない柱がある可能性があります。
事前に建築士から、できることとできないことは教えてもらえるので、確認しておきましょう。

今回は、リノベーションのメリットとデメリットについてご紹介しました。
理想の住宅にできるなどメリットがある一方で、すぐに住めないなどのデメリットもあります。
思わぬ事態が起きることもあると分かって計画しておけば、解消できるデメリットもありますので
ぜひこの記事を参考にして、理想のマイホームを作ってください。

 

SCHOOL BUS(スクールバス空間設計株式会社)