知っておくべき!中古住宅のリノベーションの流れを紹介します

2020/3/1(sun)

「中古住宅をリノベーションをする流れがわからない!」
このように、お考えの方はいらっしゃいませんか?

最近、中古住宅を自分の好みにリノベーションをする方が増えています。
しかし、リノベーションをする流れがわからない方が多いのではないでしょうか。
そこで今回は、中古住宅をリノベーションをする流れを紹介します。

 

□中古住宅を購入してリノベーションをする流れとは?

中古住宅を購入して、リノベーションをする場合は、物件探し、住宅ローンの申請、リノベーションの準備を同時に進めなければいけません。
ここでは、上記の3つについて詳しく解説します。

*物件探し

中古住宅は売主がまだ住んでいる場合、空き家の場合両方あります。

内見するときは、日当たりやきれいさだけではなく、リノベーション向きかを確認しましょう。
リノベーション向きか確認しないまま購入すると、あとで自分の好みにリノベーションできない可能性があります。

そのため、内見のときにわからないことがあれば、担当者に質問しましょう。

 

*リノベーションの準備

リノベーションをするために、プランと費用をリノベーション業者に相談しましょう。
また、一般的に物件探しを手伝ってもらう業者と、リノベーションを依頼する業者の2つの業者を探す必要があります。

しかし、わざわざ2つの業者を探すことは面倒ですよね。
当社では、物件探しとリノベーションの両方を手伝えるため、ストレスフリーなリノベーションを提案できるのです。

*住宅ローンの申請

中古住宅とリノベーションの費用はかなり高額です。
そのため、住宅ローンを利用する方がほとんどだと思います。
しかし、住宅ローンはさまざまあり、住宅ローン選びやローンの審査に時間がかかるため、同時に進める必要があります。

 

□リノベーションの工事はいつ始まるの?

「リノベーションの工事はいつ始まるの?」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。
リノベーションの工事は、物件の引き渡しや住宅ローンの契約が終わると、始まります。

打ち合わせは同時進行で進めていきます。

そのため、住宅ローンの申請や物件探しのどちらかが遅れると、工事を始められません。

 

 

今回は、中古住宅を購入して、リノベーションをする流れを紹介しました。

上記の通り、物件探し、住宅ローンの申請、リノベーションの準備は3つ同時に進める必要があります。

また当社は、大阪府を中心に中古を買ってリノベーションを提供しています。
資金計画や物件探しからお手伝いできるため、興味がある方はお問い合わせください。

 

お待ちしております!

 

SCHOOL BUS(スクールバス空間設計)